「怖い人」と「やばい人」はどう違うのか?社会にもっと怖い人が必要であるワケ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「怖い人」と「やばい人」はどう違うのか?社会にもっと怖い人が必要であるワケ

 学ランに鉢巻き姿。大声を張り上げ、思い切り腕をふりながら全力でエールを送る。そんな昔ながらの応援団のスタイルが再び注目されている。その“旗振り役”とも言われるのが宮城県仙台市に拠点を置く「青空応援団」。2013年に結成された、社会人のみ約80人の応援団だ。

青空応援団

青空応援団

 東北を中心にスポーツイベントだけでなく、“頑張る”個人や団体に向けて、エールを送り続けている。その活動にメディアが注目し、ドキュメンタリー番組やテレビCMにも出演しており。青空応援団の平了(たいら・りょう)団長は、2021年9月に初の著書『青空応援団 ~僕らはいつだって応援している~』を刊行した。

 4月からの進学や上京などの新生活がはじまり不安な人も多いだろう。今回はそんな同書から社会には「怖い人」が必要である理由と、「怖い人」と「やばい人」の違いについて紹介したい(以下、同書より一部編集の上抜粋)。

社会には「怖い人」が必要だ

 前回の記事で、小学生だった後藤萌咲ちゃんが、AKB48に入るのが夢だと語ってくれた話を紹介した。繰り返しになるが、彼女と再会したときの「あの日の応援をきっかけに、みんなが応援してくれるようになった」という言葉の意味をもう一度、考えてみてほしい。

 僕は後藤萌咲ちゃんの夢を笑ったヤツらを叱った。その後、みんな“真剣”に応援するようになったんだと思う。人は自分の卑怯さに気づけば、応援する側に回ることができる。そこが大事なんだ。僕もそんな経験をした一人だ。僕が通っていた高校、仙台一高の合格発表の日に僕はそれを教えられ、応援団に入団することになったのだ。

行儀の悪い観客がいたら遠慮なく叱る

青空応援団

平了『青空応援団 ~僕らはいつだって応援している~』(扶桑社)

 僕は、むやみやたらに叱るつもりはない。すべての人が心の中に卑怯さやずるさを密かに抱えている。それをズバリと指摘されることは、人間形成に有効に作用すると信じているだけだ。だから僕は行儀の悪い観客がいたら、遠慮なく壇上から叱る。たとえば卒業式や成人式。僕が真剣に生徒たちに話をしているとき、横で先生が関係のない話をしようものなら、僕は壇上からその先生に文句を言う。

「子どもたちが真剣に耳を傾けているときに、関係ねぇ話してんなよ」と一喝する。親がガムなど嚙んでいたら「出ていけ」と言う。なぜそこまで言うかというと、真剣に聞いている子どもたちに失礼だからだ。

 入学式や卒業式は、子どもたちにとっては一生に一度の大事な祭典だ。僕の話は、もしかしたら子どもたちの人生を左右するかもしれない。それをどうでもいいことのように扱う大人を僕は許さない。僕の意見や話がすべてではないこともわかっている。でも、「しっかり聞こう」と言うべき大人が、聞く子のジャマしてどうすんのさ。

青空応援団 ~僕らはいつだって応援している~

青空応援団 ~僕らはいつだって応援している~

小学校で講演するといじめがなくなる。施設で応援すると車いすのおばあちゃんが立ち上がる。座り込んだランナーが再び走り出す。東日本大震災後、「人助けに理由はいらねぇ」をモットーに泥かきを手伝っていた「スコップ団」の団長が「もう支援ではない。これからは応援だ」と社会人応援団を立ち上げた

ハッシュタグ

おすすめ記事