社長になった元NMB48アイドルの本音「日本酒に出会う前はすべてが中途半端だった」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

社長になった元NMB48アイドルの本音「日本酒に出会う前はすべてが中途半端だった」

ビジネス

 2011年から2015年まで、アイドルグループ・NMB48の2期生として活動。卒業後はソロタレントとして活動を続け、2021年10月の所属事務所退社後に経営者へ転身した高野祐衣さん(28・@yuipooon12_06)。

高野祐衣さん(28歳)

高野祐衣さん(28)

 笑顔でインタビューに応じてくれた高野さんは現在、タレント活動中に出会った日本酒の魅力を伝えるべく、独自の日本酒専門ECサイト「ゆい酒店」の開業や新潟県の老舗酒蔵・阿部酒造とタッグを組みオリジナル日本酒づくりに取り組んでいる。

 一念発起で芸能界から別の世界へ。今では日夜、情熱をそそぐ日本酒に対してどんな思いがあるのか。経営者になった理由を明かした前編に続き、胸の内を聞いた。

タレント時代の迷いから「日本酒」と出会う

 現在は、日本酒専門ECサイト「ゆい酒店」の開業準備のため酒蔵への営業に奔走。クラウドファンディング(2022年3月6日まで)を通したオリジナル日本酒づくりにも励む高野さん。情熱をそそぐ日本酒との出会いは、タレント活動時に担当した冠番組『ゆいぽんしゅ』がきっかけだったという。

「NMB48を卒業してから『元NMB48』の肩書きだけでは上手く行かず、得意な運動を活かして『スポーツ系タレントとして活躍しよう』とか、自分の武器を探している中で出会ったのが日本酒でした。日本酒の魅力を知るまでは、すべてが中途半端で終わっていたんです。迷っていた中、お酒をテーマにした『ゆいぽんしゅ』のお話をいただいて。新潟県の酒蔵で日本酒と出会ってから、人生が変わりました

 ロケでいろいろな酒蔵の方からお話を伺い、全国的に有名な新潟県の大きなイベント『にいがた酒の陣』にも参加しました。それから、日本酒を100種類以上置いているなじみのお店と出会ったのも、さらに深く日本酒にハマっていったきっかけです。明大前駅にある『佳酒旬肴のすけ』さんで、今では店主さんとも親しくさせていただいています」

ツウ好みな日本酒も揃えたい

高野さん

 独自の日本酒専門ECサイト「ゆい酒店」開業への準備に勤しむ日々。販売のため、こだわりを持って日本酒を選んでいるという。

「自分が好きな銘柄を置きたい気持ちはあります。でも、ビジネスとなると私の趣味を出すだけではダメですし、バランスは難しいです。サイトの軸としては、若手の杜氏(とうじ)さんや女性の杜氏さんの作る銘柄をメインに取り揃えたいと思っています

 誰もが知っている銘柄だけでなく、知る人ぞ知る、ツウ好みな日本酒も揃えたいんですよ。私自身も認知度を高めなければいけないですし、知る人ぞ知る銘柄と一緒により多くの人に知っていただけるようになればと思います」

おすすめ記事