“SNSのフェチ天使”くりえみ、アイドルから華麗な転身の秘訣は「味方を見つけること」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

“SNSのフェチ天使”くりえみ、アイドルから華麗な転身の秘訣は「味方を見つけること」

 ツイッターのフォロワー数は57万人超、インスタグラムではさらに上回る114万人超のフォロワーを抱える“SNSのフェチ天使”こと、くりえみさん@kurita__emi、※SNS数値はともに11月16日時点)。

くりえみ

くりえみさん

 グループアイドル時代を経て、フリーランスへ転身。2021年7月には、代表取締役としてEC事業を手がけるS&E株式会社も設立し、現在は、芸能活動と経営者の両立に励んでいる。今でこそインフルエンサーとして注目されるくりえみさんだが、過去には、グループアイドルのメンバーとして心身共にボロボロになった経験も。そんな彼女に、過去の経歴や現在の活動にかける思いを聞いた。

退所直後の海外旅行が転機に

――肩書きは「起業家、会社経営、プロデュース、モデル」となっていますが、主軸となっている活動は?

くりえみ:グラビアやメディア出演など、芸能活動が中心です。2018年4月までは、芸能事務所でグループアイドルのメンバーとして活動していましたが、グループの卒業と同時に退所してからはフリーランスとして活動を続け、現在に至っています。

 大きな転機となったのは、以前の所属事務所を退所した直後の海外旅行でしたね。アメリカのロサンゼルスで1か月ほど過ごしました。もともと、海外は好きでしたし、チケットをあらかじめ取っていたので、グループアイドル時代の卒業公演までは「あと何日で忙しさから解放されて、自由になれる」とカウントダウンしていました(笑)。

フリーランスは天国のような環境

くりえみ

――グループアイドルを卒業後、フリーランスとしてはどのように活動をスタートしたのでしょう?

くりえみ:自主的にイベントを開催していました。最初は手探りで、周囲の親しい人たちにやり方を聞きながらネットでチケットフォームを作り、集客もすべて自分でやっていました。

――収入面の変化も気になります。

くりえみ:以前の所属事務所を退所した直後はゼロになりましたが、軌道に乗ってからは、フリーランスとしての収入が50倍ほどになりましたね。グループアイドル時代は、平日にレッスンを受けて、週末にライブや公演前後の物販、特典会をこなしても、あまり稼げなかったんですよ。

 私は実家で暮らしていたのでよかったのですが、地方から上京してきて、生活費を稼ぐためアイドルとアルバイトの両立に追われていた子もいましたし、そんな現実を味わっていたので、フリーランスとなってからは天国のような環境になりました。

おすすめ記事