性的虐待された10代少女が、ベランダから「助けて」…24時間チャット相談に集まる逃げ場のない声 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

性的虐待された10代少女が、ベランダから「助けて」…24時間チャット相談に集まる逃げ場のない声

ビジネス

 現役慶応大学生の大空幸星さん(おおぞら こうき)は20歳のときにNPO法人「あなたのいばしょ」を設立しました。活動内容は日本初となる24時間対応、無料・匿名のチャット相談「あなたのいばしょ」の運営です。「誰かに頼りたいのに、誰も頼れる人がいない“望まない孤独”」状態にある人の最後の砦となっています。

チャット

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回は、大空さんの著書『望まない孤独』よりチャットに相談があったケースを紹介します。

 相談者である10代の女性・Aさんは父親から性的虐待を受け、ベランダに閉め出された状態でチャットに相談をしてきました。非常に危険な状態にあるにもかかわらず、彼女は児童相談所への通報(通告)を拒否したそうです。その理由は、彼女の過去の体験が関係していました(以下、同書より一部編集の上抜粋)。

突然「助けてください」と相談がきた

 ある日、10代の女性Aさんから相談があった。最初にチャットに書き込まれた言葉は「助けてください」。私たちの相談システムが、相談内容などから自動判断した相談カテゴリーは「虐待」だ。

 私たちには、虐待やDV、すぐにでも命を絶とうとしている方などからの相談については、独自のアルゴリズムで緊急性を判断し、緊急に対応する必要がある相談は、優先的に対応する仕組みがある。この相談も緊急性があると判断され、相談員がただちに相談支援を開始した。

 相談者が発する最初の言葉は人によって異なるが、多くは「〇〇で悩んでいる」といった、いま困っていることを話す場合か、「しんどいです」といった現在の感情を伝えてくれる場合の2つにわけることができる。今回の相談のような「助けてください」といった言葉は異例であり、この最初の言葉だけをとってみても、緊急性の高いことが窺える。

緊急相談時に真っ先に確認すること

望まない孤独

『望まない孤独』(大空幸星、扶桑社新書)

 そのため、相談員はまず「いまAさんは、安全な場所にいますか」と安全確認をした。

 これは緊急相談の場合に最初に確認すべき事項で、身近に危険が及んでいる場合は、物理的にその危険から少しでも遠くに移動してもらう必要があるからだ。相談員は、「虐待」という相談カテゴリーと、「助けてください」という最初の言葉から、「虐待を受けていて、現在深刻な状況にある」と仮定して相談対応を始めたということになる。

 この時点で相談員は、相談者が置かれた状況を、「直前に虐待を受けたか現在も虐待の最中」もしくは「まもなく虐待を行う者が帰宅するなどして、これから虐待を受ける可能性が高い」の2つと仮定している。そしてまずは、「隙をついて家を飛び出して、コンビニなどに逃げ込む余裕があるか」などの点を確認しようとした。しかし、結果的にそのどちらも当てはまらなかった。Aさんがいる場所は、自宅のベランダだったのだ

 話を聴いていくと、毎日のように父親から性的虐待を受け、行為が終わったあと、ベランダに閉め出されて、そこで夜を明かし、朝になったら部屋に入れてもらえるという。母親はいなくて、父親と二人暮らし。その日も、ベランダで泣きながら、インターネットで検索した私たちの相談窓口に藁にもすがる思いで駆け込んだのだ。

望まない孤独

望まない孤独

相談件数は年間20万件以上。日本初の24時間無料チャット相談「あなたのいばしょ」を立ち上げた現役大学生が語る、人の心を蝕む“望まない孤独”とは

ハッシュタグ

おすすめ記事