バーで酔っぱらった勢いで女性とLINE交換。ランチに行って「その正体」に驚がく | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

バーで酔っぱらった勢いで女性とLINE交換。ランチに行って「その正体」に驚がく

コラム

 久しぶりの仲間との再会。しかも飲み会ともなればお酒のピッチはどんどん上がりますよね。でも、飲みすぎによる失態には要注意です。今回はコロナ前、酩酊状態でLINE交換した相手と驚きの展開を経験した男性のエピソードを紹介します。

飲み会 乾杯

※画像はイメージです

友人と再会!飲みすぎて泥酔

 仕事が休みの日に、幼馴染たちと久々に飲むことになった大翔さん(仮名・24歳)。週末には酔っ払いで賑わうといわれる地元で有名な居酒屋通りを、友人4人で飲み歩くことになったそうです。

「全員が集結したのは成人式ぶりでした。それぞれ遠いところに住んでいるなか、奇跡的に全員の都合が合ったのでみんなは大盛り上がり。久々に交わされる会話にお酒が進んでみんなベロベロになっちゃいました。ちなみに僕は、途中からの記憶を飛ばすほどでした…」

 何軒かハシゴした後に大翔さんたちは解散し、大翔さんひとりだけ地元のこじんまりしたバーに寄っていったそうです。しかし、そんな記憶は全くなく、気がついた頃には既に帰宅していました。

身に覚えのない人からLINEが

 二日酔いの気持ち悪さと共に起床した大翔さん。スマホの通知を確認すると、M美という身に覚えのない人からのLINEが届いていました。

「酔っぱらった勢いで連絡先を交換していたらしく、M美という女性から『昨日はバー○○で奢ってくれてありがとうございました』というLINEの通知があったのですが、もちろん全く記憶になく……。知らないうちに奢っちゃうなんて我ながら羽振り良いなと思いましたが、万が一、粗相なんてしていたら申し訳ないと思い、その旨を返事しました」

LINE

※画像は取材をもとに編集部とライターで作成(以下同じ)

 すると、当時の様子や身の上についても明かしてくれるM美さん。聞くところによるとどうやら多少は粗相していたそうです。そんな時、数日後にM美さんからランチのお誘いLINEが届きます。

「奢りのお礼ということで誘っていただきました。僕自身も粗相してしまったので、その謝罪もしたいと思い行くことにしました」

12

おすすめ記事