bizSPA!フレッシュ

『カメラを止めるな!』大ヒットの理由をSNSから分析。背景に猛暑や台風も…

 みなさんはもう、映画『カメラを止めるな』を見ましたか?

 約300万円の低予算で、当時まだ無名だった上田慎一郎監督と、無名の役者たちによってこの映画は生み出されました。公開時は、わずか東京都内2館での上映だったのにもかかわらず、予想を超える動員数を記録。

 現在では全国200館以上にまで拡大しているという、異例の大ヒットを遂げている映画です。

kametome

映画『カメラを止めるな!』(C)ENBUゼミナール

 株式会社スパイスボックスは主要SNSの定量・定性データ分析プラットフォーム「THINK」を使って、SNSデータをもとに映画『カメラを止めるな!』のヒットの理由を調査・分析しています。

映画祭の大賞受賞をきっかけに口コミが爆発的に増加

『カメラを止めるな!』は、2017年11月に6日間の先行上映を行いました。この時点でのエンゲージメント数(口コミ量)は約4000。どんな映画でも大体発生する平均的な数値でした。

 2018年初めに口コミは沈静化しますが、その後3月に「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」での大賞受賞をきっかけに、口コミが微増します。

 じわじわと数値を伸ばし、2018年6月頃から大きく数値が伸び始めました。6月のエンゲージメントは約30万を獲得します。その後、口コミが一気に爆発していきました。

口コミ数はハリウッド映画を超えていた

映画

※画像はイメージです

 そして、2018年7月1日~24日のエンゲージメント数は約90万を獲得します。同時に掲載メディアも増加し、ウェブには109件の記事が載りました

 同期間の有名ハリウッド映画では、エンゲージメント数約35万、web記事掲載数329件という結果で、口コミはハリウッド映画を遥かに超えています。

 このように、上映開始からの口コミ数は、徐々に増えていったというより、2018年前半は浮き沈みも見られたが、6月から7月にかけて、一気に爆発したことがわかります。

12