bizSPA!フレッシュ

ユニクロ「感動パンツ」で買うべきものと、買ってはいけないもの

キャリア

「このはきごこち、言葉にできない。」

ユニクロ

※画像は公式サイトより
https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/kandopants/men/

 というキャッチフレーズでおなじみのユニクロの感動パンツ。「ポリエステル100%」(一部複合繊維との混紡のものもアリ)で、

・薄くて
・軽くて
・さらりと着用でき
・速乾性がある

 そのため暑い夏にぴったりで、値段も3990円と非常にお手頃と、まさに人気なのもうなずけるシロモノです。

 しかし、実際どれほどコスパに優れているのでしょうか? 服のコンサルタントである私が、その効果のほどを検証しました。

履き心地は薄くて軽いけど…

 全体的な履き心地としては、薄くて軽くてさらりと着用でき、若干のストレッチが効いています。

 しかし、かがんだ際の伸縮では生地が伸び切った感があり、破れそうな不安がよぎりました。

 ここからは現在、店舗で展開されている感動パンツの3つのタイプ、「無地(コットンライク)」「ウールライク」「ストライプ柄」で検証したと思います。

1.無地(コットンライク)

 さっそく黒、紺、白を検証してみます。

 ポリエステル100%なため、ウールの光沢感と違う安っぽいテカリが若干、気になってしまいます。

ユニクロ

こちらは、紺無地の感動パンツ

 しかし、同じ布の感動ジャケットを合わせることで、その違和感を消すことはできます。

 白スニーカーと合わせることでスポーティーなセットアップにまとめることもでき、条件付きで“感動”できるのではないでしょうか。

2.ウールライク

 その名の通り、ウール素材(毛)のライク(ような)見た目。

 紺・グレー・ダークグレーで検証。ウール素材のスラックスのように見えるため、無地よりはおすすめできます

ユニクロ

こちらは「ダークグレー」。ウール素材のような見た目

 が、やはり素材の特性(ポリエステルor複合素材混紡)もあるため、近寄って見ると、若干テカリが見えてしまい、安っぽさは拭えません。

 ただ、遠目で見れば、ウール素材のスラックスに見えなくもなく、ジャケパンスタイルで使えなくない。値段相応、感動は半分といったところでしょうか。

12