ちょいポチャな彼女を傷つけて…大後悔!LINEで“からかった”つもりが | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ちょいポチャな彼女を傷つけて…大後悔!LINEで“からかった”つもりが

コラム

大反省も…時すでに遅しだった

 寝る直前のLINEでどのような内容の会話をしたかあやふやだった飯島さんでしたが、返信の内容を見て青ざめます。そこには友人が体型についてからかった際にフォローしてくれなかったこと、そして飯島さんからも体型をいじるようなLINEが来て傷ついたことが書かれていたのです

LINE

「すぐに謝罪と反省のLINEを送りましたが、時すでに遅しですよね。お酒を飲んでいたとしても言ってはいけないことを言ったと大反省しましたし、彼女を守れない自分を情けなくも感じました。そして大好きな彼女を傷つけてしまったことは彼氏としても、人としても最低だと思いました。

 そこから『気持ちの整理ができるまで距離を置きたい』と返信がありました。しばらくは連絡したくてもできない、別れられたらどうしようとか色々な感情や気持ちで仕事も生活もままならない状態でした。それで距離を置きたいと言われてから2週間後くらいに、『直接話したい』と連絡がきたんです

涙の約束

LINE

 話し合いはDさんが一人暮らしする部屋でおこなわれました。そこでDさんは改めて体型を強く気にしているけれど、人が集まる場所では空気を悪くしないためにネタにしていること。いじられるたびに深く傷ついていることを涙ながらに訴えてきたのです

「本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいで、何度も謝罪しました。そして、これからは絶対にDさんが傷つくことをしない、言わない、周囲がいじっていたらすぐにフォローすることを約束して許してもらえました。Dちゃんは僕の気持ちも考えて、別れないことを選択してくれたんだと思います。そういう優しいところも大好きだなと改めて思いましたね」

 それ以降、2人の仲はトラブル以前よりも良くなり、Dさんはダイエットを本格的に開始。飯島さんもダイエットに協力。徐々にやせてきたDさんは自信を持ち始めているとのことでした。大切な人を二度と傷つけないよう、飯島さんは毎日、この件を忘れないように気を引き締めているそうです。

<TEXT/つる>

食べること、お酒、音楽、辛いものが大好き。30代になっても派手髪から抜け出せません。外に出るのはお酒が待っている時だけという姿勢を崩さず、今日も適当に生きています

12

おすすめ記事