免税店「ラオックス」が大変身。コロナ苦境で見せた新たな一手とは | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

免税店「ラオックス」が大変身。コロナ苦境で見せた新たな一手とは

ビジネス

秋葉原のラオックスもコロナ下で一変

 京都のラオックス新業態店は、ファッションビルでアジアンコスメやアジアンフードをメインに販売するという「嗜好性の強い商品」をメインに据えた店舗となった。それとは同様に「嗜好性の強い商品」ではあるものの、京都の店舗とは異なる業態で起死回生を狙うのが東京・秋葉原にある旗艦店「ラオックス秋葉原本店」だ。

 このラオックス秋葉原本店は大型家電量販店として営業していたが、2009年6月にラオックスが中国企業・蘇寧電器の傘下となったことを契機に総合免税店へと転換(ただし、それ以前も家電中心の免税品売場は設けられていた)。アジア各国からの観光客による「爆買い」の象徴的な場としてメディアに登場する機会も多くあった。

 しかし、コロナ禍のなか店舗を訪れると、かつて外国人観光客で溢れていた店頭のようすは一変していた。店頭で迎えてくれたのは(※今年8月時点)、花嫁が多すぎることで知られる人気漫画『五等分の花嫁』と、彼女が多すぎることで知られる人気漫画『カノジョも彼女』のタペストリー。そして、セールの棚に並ぶのは今年完結を迎えた人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズのグッズたち――。

 そう、この秋葉原本店は、総合免税店から秋葉原を訪れるホビー・サブカル好きにターゲットを当てた店舗へと生まれ変わったのだ

「かつての人気店」が復活

ラオックス

ラオックス秋葉原本店はコロナ禍でホビー専門店「アソビットシティ」業態に転換。店頭には人気アニメ作品の抱き枕やタペストリーが並ぶ(2021年8月撮影)

 実は、この業態はかつて存在したラオックス本店のホビー店(別館)「アソビットシティ」を復活させたもの。店頭には懐かしのカラフルな「Aso Bit City」ロゴも復活している。

 ラオックスアソビットシティは長らく秋葉原を代表するホビーショップとして人気を集めており、ラオックスが蘇寧電器傘の下となった後も営業を続けていた。しかし、外国人観光客の増加に伴い、2015年ごろから徐々に売場を免税店へと改装。ホビー商品の品揃えが減ったうえに常連客が入りづらい雰囲気となってしまったことで客離れを起こし、再びホビー関連売場を拡大・移動するなどの試行錯誤を経て、2017年3月に突然閉店してしまった。

 現在のラオックス秋葉原本店は、地階・1階・2階をこの「アソビットシティ」として営業(一時、3階と4階もアソビットシティとなっていたが8~9月時点は休業中、地階は催事中心)。店内にはアニメ・漫画・ゲーム関連グッズやプラモデルをはじめ、小物文具やファンシー雑貨も販売されており「総合免税店」らしい売場は5階にわずかに残るのみだ。

おすすめ記事