若い世代が「中古リノベ物件」を好むワケと、意外な落とし穴 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

若い世代が「中古リノベ物件」を好むワケと、意外な落とし穴

 近年、「リノベ住宅」「リノベ物件」等、至るところで「リノベ」という言葉をよく耳にします。「リノベ」とは英renovationの略で、広辞苑では「修理・修復すること。また、改善すること」と記載があります

不動産

※画像はイメージです(以下同じ)

 不動産における「リノベーション」とは、既存物件の専有部分(もしくは専有部分+共有部含む建物全体)に新しい付加価値を付け大規模な改修を行うことを指します。今回はそんなリノベ物件について、新築物件と比較しながらお話していこうと思います。

リノベーションとリフォーム、何が違うの?

 広辞苑におけるリフォーム(英reform)は「改良すること。作り直すこと。特に、衣服の仕立て直しや建物の改築・改装」と記載されています。リノベーションと意味合いは似ていますが、不動産におけるリフォームは「修復」という意味に近いです。

 築年数が経過した戸建ての家で、よくある相談が「外壁のひび割れ」「傾き」「雨漏り」です。こういった相談内容について原状回復させる事をリフォームと呼びます。

 一方、リノベーション物件は、冒頭でも述べた通り既存物件に付加価値を付けることを言います。例えば古民家や公団住宅をよりデザイン性の高い空間にし、それぞれのニーズやライフプランに沿った設備に改良します。

人気が広がる中古のリノベ物件。その理由は?

不動産

 中古リノベ物件が人気の理由、それは何といっても「コスパの良さ」ではないでしょうか。

 まず価格。立地にもよりますが、中古物件は新築物件に比べて価格が抑えられることが大きな特徴です。特に都市部に戸建てを購入したいと思っていても、予算的に購入が厳しい、という人も少なくありません。さらに新築となると価格も一気に上がります。

 価格が抑えられる中古の物件を購入し、リノベーションした場合、築年数は経過しているものの、新築戸建てと同じような内装や外壁を新築物件よりも安価で造ることができます。また価格と比例して自由度の高さも人気のひとつです。

 誰もが憧れる注文住宅のような間取りやデザインを中古物件で叶えられるのであれば、高い費用対効果が得られますよね。自身のライフスタイルに合わせて、理想の空間を新築物件よりも安価にデザインできることが、中古リノベ物件の良い所であり、人気の理由となっています。

おすすめ記事