前澤友作氏「お金配り」は何のため?プレゼント詐欺が続出するネットの闇 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

前澤友作氏「お金配り」は何のため?プレゼント詐欺が続出するネットの闇

ビジネス

 ツイッターでの「プレゼント企画」を目にしたことがあるだろうか。フォロー&リツイートで応募できる“抽選”で、特にファーストチェーン店やコンビニなどによって宣伝の意味でよく投稿されている。

スマホ

※イメージです

 誰もが知る企業なら信憑性は担保されているが、そうではなく注意したいのは個人アカウントが投稿しているケースだ。信じて参加していいのだろうか。

SNSのプレゼント企画にはご用心

 現金、ギフトカード、iPhone、ゲーム機……。それらの画像が付いた投稿には数千リツイートされたものも散見される。

「アカウントをフォローしてこのツイートをリツイートするだけ」との誘いに応じれば、「おめでとうございます。当選しました」のようなメッセージが届き、間髪入れず案内が来る。住所・氏名・口座番号などの入力だ。これで後はプレゼントが送られるのを待つのみ。めでたし、めでたし。

 ……な訳がない。そんなうまい話はなく、十中八九、何も送られて来ないだろう。ほとんどが嘘だと思ったほうがいい。個人情報を搾取されるのは最悪で、そうでなくても純粋なカモとして何らかのリストに加えられることだろう。

 そんな中、本当にお金を配っている人物はいる。衣料通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者で実業家の前澤友作氏が第一人者だろう。資産は2000億円以上とされ、2019年のお年玉企画を皮切りに、ライフワークのように現金を配り続けている。

前澤VSひろゆきの論争が勃発

 前澤氏はこの行為の理由について雑誌インタビューで、「経済を回す」「社会に還元したいから」などと語っていた。

前澤友作

前澤友作氏 ※画像「#dearMoon」プロジェクトリリースより

 しかし、これには異を唱える人もいる。「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」創始者のひろゆき氏がその一人だ。動画視聴者の質問に答える形で、前澤氏はなぜお金を配るのかという問いに「承認欲求でしょう」とばっさり。

 前澤氏から児童養護施設への寄付企画が破談となったことを受け、「社会貢献がしたいのならフォローを条件にする必要はない」と持論を述べている。

 ひろゆき氏の見立て通りではないにせよ、前澤氏がお金を配る大きな動機が「フォロワー稼ぎ」と見るのは自然なことだ。「フォロワーを買った」と批評する人もいるが、人さえ集めれば、新たなビジネスを展開する際にも、強力な宣伝効果に期待できる。

 実際にお金を配って信用を積み上げた前澤氏のツイッターのフォロワー数は、今や1000万人(アカウント)を超えている。

おすすめ記事