相撲芸人あかつが語る「ナイナイ岡村への憧れ」と「議員秘書時代の教訓」 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

相撲芸人あかつが語る「ナイナイ岡村への憧れ」と「議員秘書時代の教訓」

秘書時代にも続けたネタづくり

日本の国会議事堂

画像はイメージです

――2007年に父親の紹介で政治家の秘書を1年間務めたそうですが、これはどんな経緯があったんですか?

あかつ:ちょっと僕のお金の問題もあって、コンビを解散してどうしようかって時期ですね。そんな時に、父親から「ずっと応援してる国会議員の方がいるから、秘書として働いてみたら? そういう世界も見ておいたほうがいい」と言われてお世話になった感じですね。

――芸人として活動ができないことに不安はありませんでしたか?

あかつ:不安はなかったですね、「1年やったら芸人に戻るんだ」って気持ちは常に持っていたので。ただ、面白いことを思いついてもライブに出られないから「見てもらえる人がいない」っていうのが辛かったですね。

 秘書をやってた時期も、一応ネタづくりはしてましたけどね。元国会議員の舛添要一さんの車の乗り方とか(笑)。その1年間を無駄にしないように、いくつかメモしたりはしていました。

――舛添要一さんのものまねは見てみたいですね(笑)。秘書として働いていた時に学んだことはありますか?

あかつ:最初はスケジュール管理だったり、文書づくりだったり、先輩の秘書さんに教えてもらって頑張ったんですけど、あまりうまくいかず。最終的には、朝に議員さんの宿舎にクリーニングに出す衣類を取りに行って、それをお店に届けて。夕方になったら、クリーニング後の衣類を議員さんの宿舎に戻すっていう作業をやってました(笑)。

 あとは、議員さんの車の運転とかですね。それは苦じゃないし、自分に合ってるなと思いました。芸人に戻った時も、キャバクラの送りドライバーのアルバイトでお世話になりましたから。ラジオも聞けるし、待機時間ってやることもないから自然とネタを考えられる。家にいても普段と同じ環境だから、テレビもあるしサボっちゃうじゃないですか。そういうところは、秘書時代に気付いたメリットだったのかなって思います。

→インタビュー後編<「地元出身の力士を生みたい」相撲芸人が地元・福島いわき市で抱く密かな野望>に続く。

<取材・文/鈴木旭 写真提供:赤津部屋>

【あかつ】
1981年生まれ福島県出身。吉本興業の養成所・東京NSC10期生として入学。2007年に芸人活動を一旦休止し、議員秘書を務めた後、ピン芸人としての活動を再開。現在は個人事務所・赤津部屋所属。相撲とエクササイズを融合したという「すもササイズ」と称するネタが人気を博している
Twitter:@akatsu_sumo
Instagram:akatsu_sumo
YouTube:あかつ部屋

フリーランスの編集/ライター。元バンドマン、放送作家くずれ。エンタメ全般が好き。特にお笑い芸人をリスペクトしている。個人サイト「不滅のライティング・ブルース」更新中

おすすめ記事