「なんでも相談して」と語る、若手の本音とは。職場の「本音と建前」翻訳検定6問 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「なんでも相談して」と語る、若手の本音とは。職場の「本音と建前」翻訳検定6問

キャリア

A.教えられていないことを確認する体でアピール

答え:② 教えてもらったことがない。教えられていないことを任された若手社員が、確認する体で暗にその事実をアピールする一言。

「部下にも言い分があるので、“何回聞いたらわかるんだ”などは絶対に言ってはダメ」(藤山晴久氏)

 他の本音と建前も見てみよう。

Q.「先日のご指摘を踏まえて……」の本音は?

上司

建前「先日のご指摘を踏まえて……」
本音「意見をひっくり返さないでね」

【解説】話をたびたびひっくり返す上司への牽制。

「“前にこう言ったよね?”という意味が込められている一方、あなたの意見も取り入れてますよ、と上司の顔も立てる高等テクとして使っている場合もあるので、見極めが必要」(大室正志氏)。

Q.「早く成長したいです!」の本音は?

建前「早く成長したいです!」
本音「転職のために実力をつけたい」

【解説】終身雇用に固執していない若手は、転職を前提に働く。

「今どき、若手は転職して当たり前」(常見陽平氏)と考えるべき。

おすすめ記事