コロナ2年目の五月病対策。GW連休に「最もやってはいけない」行為とは | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

コロナ2年目の五月病対策。GW連休に「最もやってはいけない」行為とは

ビジネス

 年度が替わり、学校や職場などの生活環境が変わって間もない頃、目立った病気などがあるわけでもないのに「なんだか調子が良くない」と感じてしまう。その状況がゴールデンウィークを経ても改善しない――。こうした症状は、一般的に「五月病」と呼ばれます

病気

※イメージです(以下同じ)

 産業医として通算1万人以上の働く人と面談をしてきた筆者(武神健之)の経験から、五月病の原因の多くは、新生活のスタートで生じがちな「問題」――新生活での高すぎる自分への期待と過去の友人・知人たちからの隔離――が生むストレスです。このストレスが大き過ぎると、メンタルヘルス不調にまで拗(こじ)らせてしまう可能性があるのです。

高すぎる期待はストレスに

 新生活が始まると、日頃から学びなどの意識を高くもつ“ポジティブ系”の人は気持ちを新たにし、自分自身に期待をかけます。新しく外国語学習やお稽古事を始めてみたり、他人より優秀でありたいと自分にハッパをかけてみたりします。

 一方、コロナ禍では、勤める会社の倒産や減給、それ以外でも先々が見えない漠然とした不安がたくさんあります。そこから逃れたい気持ち、このようなネガティブ動機から何か資格取得や勉強を始める人もいます。

 両者ともうまくいっているうちはいいのですが、それが上手くいかないと、「自分の頑張りが足りないからだ。もっと頑張らなければいけない」「自分はダメな人間だ。この先どうすればいいのだろう」と考えてしまう人もいます。

 このように、自分への期待が高すぎるために、ストレスが生じてしまいさらに自分を追い詰めて不調になる人たちもいるのです

ストレスを解消する/生む人間関係

ビジネス 人間関係

 もう1つの五月病の原因は、親しい人間関係からの隔離です

 就職、異動や転勤などで新しい生活が始まると、それまでの友人や同僚たちとの関係が疎遠になりがちです。仕事が忙しすぎて友人や同僚たちと会えない一方、新生活で知り合ったばかりの同僚や知人たちと、いきなり腹を割ったホンネの会話をするのは難しいことです。たわいもない話をしていても、緊張感が残っていたり、本心を隠した「腹の探り合い」になってしまったりします。

 こんな時に、気心の知れた友人や以前の同僚と話すのは心理的に良い効果が期待でき、知らないうちに心が落ち着いたり、ストレスが軽減します。

 しかし、コロナ禍では、いわゆる飲み会は激減しています。異動や転勤がなかった人でも、親しい友人や同僚たちと気分を晴らす機会が減っているのです。その結果、ちょっとした不安やストレス、悩みが、愚痴ったり解消できずに溜まっていき、やっかいなことになってしまうのです。不安やストレスや悩みは、溜まるほど解消が難しくなり、メンタルヘルス不調の原因になってしまいます。

おすすめ記事