スマホのギガ不足を解除する“デュアルSIM”、ahamoと楽天で試してみた | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

スマホのギガ不足を解除する“デュアルSIM”、ahamoと楽天で試してみた

ガジェット

デュアルSIMでデータ通信をするとどうなる?

 楽天モバイルを副回線に設定した状態で、10分ほど動画を視聴してみた。スクリーンショット画像の左が主回線として使っているahamoの、右が楽天モバイルのデータ使用量だ。

 10分経過後の数字を見ると、ahamoのデータ使用量には変化がなく、楽天回線のデータ使用量が増加。楽天回線を使って動画を見ていたことがわかる

iPhone-dual_11

両方のデータ使用状況をみながら動画を視聴した

iPhone-dual_12

10分ほど経過した状態。楽天のデータ使用量が増えている

月末だけオンにして、お得プランを有効活用

 楽天回線を使う必要がないときは「副回線」をオフにすれば、データ通信もahamo回線で行われるようになる。

iPhone-dual_13

オン/オフは簡単に切り替えできる

 ahamoのデータ残量に余裕があるうちはahamoだけで利用し、月末に残量が心許なくなってきたときに副回線をオンにして楽天モバイルを併用するのが賢明な使い方だろう。楽天モバイルのプランは1GBまでは0円なので、ahamoだけで済んだ場合は楽天の料金はかからない

iPhone-dual_14

「1GBまでは0円」の段階制プランを有効活用

 また、ahamoの20GBを使い切ってしまった場合に、ahamoでデータを追加購入すると1GBあたり550円かかる。一方で、楽天モバイルなら3GBまでは1078円なので、1GBあたり約360円と割安だ。

 さらに、ahamoで4GB追加購入すると2200円となり、楽天の20GBまでの金額を上回る。つまり、いずれの場合も楽天を利用するのがお得ということになる。

 もちろん、デュアルSIMはahamoと楽天モバイル以外の組みあわせでも使うことができる。自宅が楽天モバイルのエリア外なら、IIJmioのeSIMなど、格安SIMのプランを活用するのもアリだろう。

 選択肢が豊富になった今だからこそ、少しでもお得にスマホを使う体制を整えたい。

<TEXT/酒井麻里子>

スマホやPC、ガジェットといったデジタルアイテムや、ビジネスに役立つアプリ、日用品などに関する記事を執筆。Twitterは@sakaicat

12

おすすめ記事