「あと1年でとどめを刺す」コウテイ九条ジョーが語る、初の映画出演で変わった心境 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「あと1年でとどめを刺す」コウテイ九条ジョーが語る、初の映画出演で変わった心境

 2020年は「ABCお笑いグランプリ」にて優勝し、ダウンタウンの松本人志さんもツイッターでおもしろいと評価した注目のお笑いコンビ・コウテイ。それぞれに強い個性で印象を残すコンビの1人で、「ズィーヤ」のギャグでも知られる九条ジョーさんが、映画に初出演。

コウテイ

九条ジョーさん

 竹中直人さん、山田孝之さん、齊藤工さんが共同監督を務め、映画『超能力研究部の3人』『音楽』などの原作で知られる漫画家・大橋裕之さんの初期短編集を実写化した『ゾッキ』で、変わり者の青年・伴くんを演じています

 そんな九条さんに、映画出演の感想や、お笑いにかける思いを聞きました。「まだ売れたくない」の真理とは? コウテイという名前の意外な由来も明らかに。

伴くんは僕っぽい。僕がやるべき

――映画初出演です。オファーがあったときは?

九条ジョー(以下、九条):ドッキリだと思いました(笑)。ビックリしましたが、もともと大橋先生の別作品をよく読んでいましたし、新しいことに挑戦してみたい自分がいたので、飛び込みました。僕のベースはお笑い芸人ですし、役者をやりたいという考えはありませんでしたが、挑戦は、お笑いの芸にもプラスになると思ったので。

――変わり者の伴くんを演じました。

九条:僕っぽいと思いました。僕も学生時代に、伴くんのように周りから浮いていた時期があって、似たような経験をしたこともありました。僕がやるべきというとあれですが、やれそうな役に選んでいただいたんだなと。

ゾッキ

(C) 2020「ゾッキ」製作委員会

――似たような経験を? 九条さんの高校時代はどんなものだったのですか?

九条:滋賀県の結構有数の進学校だったんです。中高一貫校で学年80人が6年間一緒。同級生には医者や弁護士が多いです。僕も受験して入りましたが、勉強が正義みたいな空気に馴染めなくて。伴くんみたいに浮いてました。

――伴くんには牧田くんという親友ができます。牧田くんのような存在は?

九条:サワダという奴と意気投合して、サワダくんの家に行ってゲームしたり、逆上がりをしに公園に行ったりしていました。エピソードは全く同じではないですが、でも伴と牧田の世界は僕の体験したそのままのような感じがしました。

 大橋先生の作品は、どれもどこか僕に寄り添ってくれる瞬間があるのですが、なかでも伴くんは自分と重なったので、嬉しかったし、演じやすかったです。

相方も出演を喜んでいた

ゾッキ

――今回の挑戦で何か吸収できましたか?

九条:たくさんありますが、同じセリフでも言い回しをちょっと変えるだけでOKが出たり、出なかったりする経験をしました。いつも僕は自分でネタを書いていますが、今回、工監督からの演出を受けて、自分の書いたネタでも、ちょっと句読点の位置を変えたり、言葉尻りを変えたりするだけで、もっとウケるのかもしれないと思いました。いろいろ試すのが楽しかったです。

――相方の下田真生さんは今回の出演にどんな反応を?

九条:「よかったやん、行ってこいよ」という感じでした。「今はお笑いを頑張らないかん時期だろ!」みたいな反応はなく、経験したことがまたお笑いになるからと。それを許してくれる相方です。というか、むしろあいつは休みが好きなので、ちょっと休めてパチンコできると喜んでいたかもしれません(笑)。

おすすめ記事