バーで「ざっくり注文」が格好良くキマるコツ<20代ビジネスマンのためのバー入門> | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

バーで「ざっくり注文」が格好良くキマるコツ<20代ビジネスマンのためのバー入門>

スタンダードカクテル初挑戦はジン・トニックがオススメ

――ちょっと本格的な内容になってきましたね! う~ん、ベース酒を知るにはまず何を飲めばいいのでしょうか?

細田:何度も言うように、カクテルの名前を知っておかなければいけない、というわけではないのですが、やはり頼んで間違いないのは「ジン・トニック」でしょうね。

 今では居酒屋さんやカラオケでも用意されているので、普段から飲まれている方も多いでしょうが、バーではひとくちにジンといっても、さまざまな種類を用意しているんです。

jin

左から、ジャパニーズクラフトジンの「ROKU(六)」、「SAKURAO(桜尾)」、「季の美」。その隣がロンドンで300年以上の歴史を持つ「No.3 ロンドン ドライ ジン」、定番の「ビーフィーター」、カフェ式蒸留という製法で作られた「ニッカ カフェ ジン」、英国海軍御用達としても知られる「プリマス・ジン」

 なので、まず1杯オーダーしてみて、そこから「また違うジンを使ったジン・トニックを」という頼み方をしてみると、バーに慣れている感じがするし、お酒にもより詳しくなれますよ。

お酒に詳しくなるために、バーの“コソ練”もアリ

hosoda

細田:お酒を知りたい方は、まず仲のいいご友人と一緒にバーに来てみることをお勧めします。やはり女性連れのときはいろいろ聞きづらいこともあるでしょうし。

 私たちバーテンダーはお酒やカクテルについて知らないことはどんどん聞いてほしいと思っています。聞いて恥ずかしい、ということは全くありませんよ。

 お酒に詳しくなることによって、楽しみ方の幅もぐんと広がりますし、バーの使い方もサマになっていきますから。

■ ■ ■ ■ ■

 オーダーについて教えていただいた今回、なんだかもうバーに足を踏み入れた気分になれたのではないでしょうか? 次回は、ちょっと差のつくハイボールのオーダーの仕方を伺います! 乞うご期待。

<取材・文/阿形美子 撮影/市村円香>

【細田侑由】
バーテンダー。石川県出身。銀座「BAR 保志 IRIS」店長。第9回マリーブリザール・カクテルコンペティション(2016年度)、第29回N.B.A.ジュニア・バーテンダー・カクテル・コンペティション(2017年度)、ロン サカパ カクテルコンペティション2018 ファイナルにてそれぞれグランプリを受賞した実力派バーテンダー

BAR 保志 IRIS
住所/東京都中央区銀座6-3-7 2F
営業/月~金 19:00~翌3:00、土・日・祝 18:00~翌1:00
定休日/月曜日
予約・お問い合わせ/03-6280-6466

1994年生。大学卒業後、フリーの編集・ライターとして活動中。底抜けの飲んべえゆえ酒ネタが多いが、インタビューやモノ記事、カルチャーネタなどもカバーする。Twitter:@agata_yoshiko

12

おすすめ記事