耳コピ即興ピアノが反響。ハラミちゃんが語る、コラボしたい「大物演歌歌手」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

耳コピ即興ピアノが反響。ハラミちゃんが語る、コラボしたい「大物演歌歌手」

ストリートピアノで人気の選曲は?

ハラミ

――絶対音感があると、1曲あたりどのぐらいの時間で披露できるんですか?

ハラミちゃん:最低限なら2、3回聴いて、10分ぐらいで弾けます。ストリートピアノのある場所やギャラリーによって選曲も考えるので、サラリーマンの方が多い日だとB’zさんやX JAPANさん、BOØWYさんとか多いですね。ロックで激しい曲が盛りあがる印象があります。

――世代的にちょっと古くないですか?

ハラミちゃん:全然、世代ではないです(笑)。うちの母はスピッツ、父はレッド・ツェッペリンなどの洋楽を聞いていたので、この活動を始めてから勉強して、初めて聞く曲も多いので、音楽の幅がめちゃくちゃ広がりました!

お茶目な名前は「焼肉屋さんで決まった」

ハラミ

――本名非公表で謎が多いのですが、「ハラミちゃん」にはどういう由来が?

ハラミちゃん:YouTubeって1番最初にチャンネル名を決めないといけないじゃないですか。もともと週5日で行くぐらいの焼肉好きで。会社員のとき焼肉ランチに行った帰りに同僚と「YouTubeの名前どうしようかな」「肉好き女子じゃん」「だったら親しみやすい名前がいいよね」っていう流れで、横隔膜のハラミちゃんに決まりました。さかなクンみたいな感じで、ポップな感じで呼ばれたいです(笑)。

――それから会社員を辞められて以来、フリーランスで活動していると大変なことも多くないですか。

ハラミちゃん:そうですね。今は撮影から動画編集、案件対応など自分たちですべてやっています。だから言葉は悪いですけど、甘くみられる部分もあります。守ってくれる壁がないので、良いことも悪いことも直接届きますね。

 でもフリーでよかったのは、自分のペースですべて決められること。もともと私は心を壊してしまって、この活動を始めたので無理をしたくないという気持ちがあるんです。マネージャさんが言ってくれた「人生は1回でも多く笑った人が勝ち」っていう言葉を大切にしていて。私は組織に所属するよりも、フリーランスのほうが自分の決断ができるかなと感じています。

おすすめ記事