瀬戸利樹、子ども時代の不思議体験「トイレに行こうとしたらご先祖様が」 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

瀬戸利樹、子ども時代の不思議体験「トイレに行こうとしたらご先祖様が」

後悔してそれで終わりじゃない

瀬戸

――こちらが思っていたものよりも強烈な返しでした。

瀬戸:あはは。最初に言った言葉も覚えています。4年生のとき。「おーい!」って。めちゃくちゃはっきり覚えています。「おーい!」って話しかけたんですけど、全然返してくれませんでした(笑)。

――最後に、本作から瀬戸さんが感じ取ったことを教えてください。

瀬戸:自分の気持ちを伝えることの大事さと、あと、後悔してから後の行動の大切さです。後悔することは誰にだってあると思います。でもそこで終わりじゃなくて、そのあと、どうするのか。そこが大切なんだと思いました。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

【公開情報】
映画『君は彼方』は公開中
(C) 「君は彼方」製作委員会

おすすめ記事