27歳の先輩が、LINEで新入社員と会話しただけで「まさかのパワハラ騒動」に | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

27歳の先輩が、LINEで新入社員と会話しただけで「まさかのパワハラ騒動」に

コラム

 最近よく聞くパワハラ問題。パワハラによってたくさんの人が傷ついているのは間違いありませんが、パワハラという言葉に敏感になりすぎている人もいるようです。今回は、そんなパワハラに敏感な部下に出会った男性のエピソードをご紹介します。

ハラスメント

※イメージです

 北浦和哉さん(仮名・27歳)は、都内の飲食店で社員として働きはじめて3年目。他の社員やアルバイトも多く、その取りまとめ役として忙しい毎日を送っていました。そんな北浦さんの店では従業員とのやり取りをLINEで行うことにしており、シフト変更や休みの申請なども全てLINEでやり取りをしていました。

後輩の新入社員とのLINE

「個人的な連絡ツールを使うため、本社からは口酸っぱくプライベートな連絡をしないようにとか、アカウントの扱いに気をつけるようにと言われていました。もちろん僕も従業員とトラブルを起こしたくないので、プライベートな連絡はせず仕事のためだけにLINEを使っていました

 そんな北浦さんの店舗に、ある日、新入社員が配属されることになったのです。配属されてきたのはYさんという男性で、その言動から真面目な印象を受けたといいます。そこで北浦さんは、他の社員と同じようにLINEを交換し、何かあればLINEで連絡をしてほしいと伝えました。

ハラスメント

 Yさんが配属されてから数日、その様子を見ていると、アルバイトの従業員とあまり打ち解けられていない雰囲気を感じ取った北浦さん。バイトの数名にも話を聞くと、真面目すぎて世間話もできず、どう接すればいいのかわからないという意見が多かったのです。

バイトと上手くいっていない?

「社員は従業員とコミュニケーションを取ることも仕事の1つですから、打ち解けられていないのは見過ごせませんでした。だから一度直接話したのですが、話しにくい雰囲気を感じたのでLINEで困りごとがないかを聞いてみたんです」

ハラスメント

 LINEでは年下のアルバイトと何を話せばいいのかわからないなど、打ち解けられていない理由についてある程度は話してくれたYさん。北浦さんは歴の長いアルバイトに声をかけ、できるだけコミュニケーションを取るようにお願いするなど、Yさんが打ち解けられるように配慮していました

 その後もなかなか職場に馴染めないでいるYさんに、北浦さんはLINEで仕事上の悩み事や困りごとがないかを聞くなどして、積極的にコミュニケーションを取っていました。そんなある日、突然普段は店舗に来ないマネージャーがやってきて北浦さんを呼び出したのです。

12

おすすめ記事