bizSPA!フレッシュ

唐揚げ専門店が全国で拡大。3大人気チェーンの唐揚げを食べ比べてみた

 最近、街中でよく見かけるようになった「唐揚げ専門店」の文字。この数年、唐揚げの専門店が急速に増えています。個人経営の専門店ばかりではなく、大手飲食チェーンも続々と参入しています。

唐揚げ

画像はイメージです

 中でもアークランドサービスホールディングスの「からやま」、すかいらーくレストランツの「から好し」、ワタミの「から揚げの天才」は店舗数を拡大させ続けており、ファンも多いようです。

 ネット上でも「どこがウマい」の「どこが好き」のと話題にもなっているこの3店を、日本唐揚協会認定カラアゲニストである私が実際に食べてレビューしてみたいと思います。

からやま:男性向けのワイルド系唐揚げ

からやま

「からやま」では「からやま定食・梅」(690円+税)をいただきました。一見普通の唐揚げですが、1個がやけに大きい。50gほどはあるようです。それが4個も盛り付けられており、見るからに食べ応えがありそう。今流行りの“ジャンボ唐揚げ”の系統に入ります。

からやま

 衣はちょっと固めのガリザク系。歯を立てると「ガリリ……」というワイルドな音が骨伝導で耳に伝わってきます。私の歯に、やけに抵抗する硬派な衣。これに負けじと歯を沈めていくと、その先の弾力ある肉に到達。

 こちらは衣とは打って変わってソフトな食感です。この「外はワイルド、中はソフト」というツンデレ的なギャップがいい。硬派な衣が口の中で崩壊し、肉汁に溶かされていくのを楽しみつつ、食べ進めます。

ガッツリ食べたいなら一押し

からやま

 五香粉を使っているのでしょうか、中華料理店で出される唐揚げに風味が似ています。ニンニク、ショウガは不使用とのこと、そのぶん肉のうま味を存分に感じられます。肉汁もたっぷり。

 この手のジャンボ唐揚げはひと口で食べきれない分、噛み切って断面を見ることができますね。にじみ出る肉汁に食欲を刺激されます。

からやま

イカの塩辛も食べ放題

 味変を楽しみたい人のために、ゴマとニンニクを使用した「極ダレ」がついてきます。ニンニクの風味がガツンとくる濃厚なもので、これがバリ旨! 唐揚げにつければ、五臓六腑にパワーがみなぎってくるよう。しかも、ごはんや千切りキャベツに付けても美味しいのが嬉しいですね。

 ごはんは大盛無料。壷入りの漬物やイカの塩辛も食べ放題です。この塩辛がまたスゴい。イカのアミノ酸が極限まで分解され尽くしているのではと思うほどに豊かなうま味があります。もう、ごはんにのせて夢中でかきこみたくなる美味しさ。「ごはん・キャベツのお替りサービス」が欲しいところです。

 さてこのワイルド系の唐揚げ、スポーツをする人やガテン系のお仕事の人(とくに男性)にピッタリなのでは? 唐揚げもごはんも、そしてキャベツもガッツリ食べてパワー充電できそうですよ。

おすすめ記事