bizSPA!フレッシュ

EXILE佐藤大樹、橋本環奈との共演で「初めてだった」と語る体験とは

 EXILEと、FANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバーとして活動しながら、映画『ママレード・ボーイ』『センセイ君主』『4月の君、スピカ。』など俳優業もこなしている佐藤大樹さん(25)

佐藤大樹

佐藤大樹さん(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)

 最新作となる『小説の神様 君としか描けない物語』では、橋本環奈さんとW主演を務め、ナイーブで売れない高校生小説家役の千谷一也を演じています。同作は同じく高校生で、ドSな人気小説家の小余綾詩凪(橋本)と共作して、ベストセラー作品を生み出そうと奮闘する姿を描く青春ドラマです。そんな佐藤さんに、小説が大好きな主人公たちに絡めて、ダンスや芝居への思いを語ってもらいました。

千谷一也は自分とは真逆の性格

――一也は、内向的でナイーブな青年ですね。

佐藤大樹(以下、佐藤):この役をオファーされて、めちゃくちゃ嬉しかったです。普段の自分と真逆なので、演じがいがあるなって。黒髪にすることがそもそもないですし。静かに同じトーンで話をすることもないので(笑)。

――普段の佐藤さんは、こちらの抱くイメージのまま元気で明るいんですね。抑えた中での演技はチャレンジだったのでは?

佐藤:セリフが少ないわけではないのですが、世間を軽視しているような言葉が多かったり、受け身の芝居が多かったりしたので、目の動かし方や表情など、抑えながらも細かいことを意識しました。

――久保茂昭監督とは『HiGH&LOW』シリーズでも組まれていますが、もともと佐藤さん主演で映画を撮りたいとお話されていたとか。

佐藤:そうなんです。何年も前から「僕を主役で」と仰ってくださっていて、今回、叶いました。信頼関係ができ上がっている監督ですし、「全部委ねて、好きなように演じていいよ」と仰ってくださりました。それに、「EXILE TRIBEのメンバーたちが嫉妬するような作品を撮ろう」とも約束してくださり、嬉しかったです。

こんな仲良くなれた女優さんは初めて

小説の神様

(C) 2020映画「小説の神様」製作委員会

――小説がテーマの作品です。物語への印象は?

佐藤:でき上がった作品を観たとき、原作が小説ということもあって、映像ですが1ページ、1ページ物語を読み進めている感覚になれました。原作へのリスペクト、小説への愛を感じました。

――橋本環奈さんとのW主演です。橋本さんはどんな方ですか?

佐藤:とにかく明るい方です。カメラが回っていないところでも、ずっとしゃべっていましたし、こんなに短期間で仲良くなれた女優さんは初めてです。撮影中はみんなでほぼ毎日ご飯に行っていました。部活が終わってご飯を食べて帰るような感覚で、本当に楽しかったです。

おすすめ記事