bizSPA!フレッシュ

フリマアプリ「メルカリ vs ラクマ」どちらが稼ぎやすいか

マネー

 サービス過多な時代において、少しでもお得なサービスを賢く選択することが利用者にも求められている。そこで今回は各分野のトップ2を徹底比較。withコロナに適応した、最新サービスの選び方をその道のプロが伝授し、最強を決めた!

フリマアプリ

※写真はイメージです

稼ぐならどっち? メルカリ VS ラクマ

 フリマアプリといえばメルカリとラクマを想像する人も多いだろう。出品するならどちらがいいか、フリマアプリガイドの川崎さちえ氏に聞いた。

「メルカリはユーザー数が多い分、商品も売れやすいので、初心者にも向いています。販売手数料が10%とラクマよりも高いですが、少額でもいいから稼ぎたい人は、古本一冊から気軽に出品できますよ」

賢く生きる[情強サービス]決勝戦

両アプリとも女性利用者が多いが、男性向け商品も多数売買されている。ラクマはゴルフクラブなど“大物”の出品も多い

初心者はメルカリ、中級者はラクマ

 一方、ラクマは販売手数料が3.85%なのが魅力。ブランド物など販売価格の高い商品でしっかり稼ぎたい人向けだ。

 初心者はメルカリ、中級者はラクマを使ってみてはどうだろう。

賢く生きる[情強サービス]決勝戦

▼ とっておきの品を、高く売るならラクマ。知名度高いメルカリは、初心者も始めやすい

【川崎さちえ】
フリマアプリ・ネットオークションのアドバイザー。All Aboutにて、ガイドも務める。メディア出演多数、コラムなども執筆している

<取材・文/週刊SPA!編集部>

おすすめ記事