bizSPA!フレッシュ

コロナ下のオンライン面接を突破。転職成功者たちが明かす攻略方法

キャリア

 転職をするタイミングは人それぞれですが、世の中の情勢が転職を後押しすることもあれば、マイナスに働いてしまうこともあります。未曾有のコロナ禍で、働き方そのものの概念が変わりつつあるなか、転職を決意し、内定を勝ち取った転職成功者たちに話を聞きました。

オンライン面接

画像はイメージです

「特に大変だったのはオンライン面接」

■ 大手家具メーカー→AIソリューション(Kさん・25歳)

「希望通りの部署に配属されなかったり、職場の人間関係で悩んでいたので、仕事が苦痛でたまらなかったです」と、語ってくれたのが、Kさん(25歳)

 大手家具メーカーの管理部門を担当していたKさんは、職場環境にいまいち馴染めず、同期や先輩と価値観が合わないのを感じていたそう。「仕事を楽しいものだと思いたい」という願望から、転職活動を決意。

 最終面接まで進んだものの、コロナ禍の影響もあって、一旦見送りや、採用自体がストップとなる企業もあり、転職活動は苦戦を強いられたそうです。

転職者

無事希望する企業から内定を得たKさん

「特に大変だったのは、オンライン面談です。相手に対して表情や熱意が伝わりづらく、面接が通りにくい時期が続きました。いつもより少しオーバーな明るさや、熱意を伝えるよう意識して、少しずつ良くなってきましたね」

 結果的に20社ほど応募したなかで、志望していたAIソリューション企業に内定しました。

おすすめ記事