在宅で8キロ落とした28歳会社員。短期成功の裏には5つのルール | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

在宅で8キロ落とした28歳会社員。短期成功の裏には5つのルール

 リモートワークになり、家で過ごす時間が増えた人が多くなったかと思います。運動不足や不規則な生活で太ってしまい、「外出するのが恥ずかしい……」なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

太った男性のお腹

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回、話を聞いた柳瀬健郎さん(仮名・28歳)もその一人。IT関連の仕事をしている柳瀬さんは、もともと残業が多いため働き方も不規則で、食事も外食することが多かったそうです。

自堕落な生活で、過去最高の体重に

「コロナの影響で在宅勤務になりましたが、普段、自炊をしないので、恥ずかしながら家に調理器具が一切ありません(笑)。毎日、コンビニ弁当や、ピザの半額クーポンなどを使ってデリバリーですませていました」

 上司や同僚に見られることもないので、自分を律することができず、最初のうちは、スナック菓子など、余計な間食が増えてしまったとのこと。通勤もないため、ほとんど家から出ることもなく、過去最高の体重になってしまったそうです

「久しぶりに体重計に乗りましたが、今まで見たこともない数字になっていて焦りました。『これはさすがにヤバい』と、一念発起して、家での生活を見直すと同時に、ダイエットを決意しました」

8キロのダイエットに成功

ダイエット

 食事制限と筋トレの効果もあり、2か月で8キロのダイエットに成功。体脂肪率も順調に下がっていて、理想の体型まであと少し。

「もともと意志が弱いので、ダイエットはこれまでに何回か挑戦しましたが、失敗を繰り返してきました。今回はこれまでの失敗を反面教師にしたメソッドを取り入れているので、かなり順調にいってます

 家で過ごす時間をコントロールして、みごと「コロナやせ」に成功した柳瀬さんから、うまくいった方法をいくつか紹介してもらいました。

おすすめ記事