bizSPA!フレッシュ

LINEで「買って~」と“おねだり”する彼女にイラッ…これってケチなの?

 カップルには2人だけのルールややり方がありますが、その中でも相手へのプレゼントについてはさまざまな考え方があります。デートのたびにプレゼントするカップル、特別な日だけプレゼントするカップル。何がいいかは2人が決めることですが……。

デート カフェ

※イメージです

 今回は、そんな恋人へのプレゼントについてLINEで揉めてしまった男性のエピソードをご紹介します。

彼女との特別なルール

 都内で公務員をしている豊田健介さん(仮名・27歳)には、付き合って1年ほどになる4歳年下のAさんという彼女がいました。そんな豊田さんは、どんな女性と付き合うときも、あるルールについて付き合う前に話し合っていたそう。

「僕の都合でもあるんですが、あまり1年を通じて仕事の内容や忙しさに変化がないので、彼女とのイベントは特別感を出したいという気持ちがあるんです。だから、プレゼントは誕生日やクリスマスなど、特別な日だけと決めていました」

 何でもない日にプレゼントすると、もらうことへの特別感やありがたみが薄れてしまうという考えから決めていたルール。もちろんAさんにも付き合う前に話し、納得してもらっていました。ただし、Aさんが年下であることも踏まえ、デートの食事代などはほとんど豊田さんが支払っていたといいます。

突然増えた彼女からのおねだり

 そんな豊田さん、最近になってAさんからのLINEに違和感を覚えることが増えていました。それは、きちんと話していたはずのプレゼントについてでした。

「ここ最近、突然、Aから『これがほしい』と服やバッグのおねだりをしたり、遠回しに買ってほしいとわかるような内容を送って来たりするようになったんです。そのたびに僕はそれとなくプレゼントのルールを持ち出して断わっていました

恋愛

 今まではルールを守りプレゼントのおねだりなどしなかったAさん。付き合いが深くなってきたからこそ、わがままが言いやすくなったのかもしれないと思った豊田さんは、しばらく様子をみることにしました。

12

おすすめ記事