bizSPA!フレッシュ

TikTokで月商30万円超!ネットで「香水」を売りまくる、驚きの技術

ビジネス

外出自粛が続く中、急激に需要が増えているeコマース(EC)。

パソコン

※画像はイメージです

 しかし、すべての消費がECに代替できるとは限りません。手に触れて質感を確認し、匂いを嗅ぎ、 雰囲気まで見て商品の購入を検討する……。そんな視覚以外の五感に訴えかける商材は、ECへと移行するのは難しい、と言われています。

 その象徴が香水に代表される“香り”産業です。しかし、そうした先入観を裏切り、SNSなどのプラットフォームでの発信のみで“香り”を消費者に届け、売上を叩き出している人がいるのです(以下、TikTok公式note編集部が行ったインタビューをもとに構成)。

紹介したブランドの売り上げが上がる

 それが、TikTokで11万人以上のフォロワーを持つ人気アカウント「ケンティー香水学校 (@kenty0908)」を運営するケンティーさん(23歳)

 ケンティーさんは、TikTokでの発信だけで、自身のブログ経由で月間30万円以上の売上を達成しています。加えて、彼のアカウントを見て店舗に足を運び、実際に香水を購入している人も少なくないのです。

「紹介したある2つのブランドは、売上がかなり上がったみたいで、ECサイトを含めると100万円以上、僕のTikTok経由で香水を買いに来ているそうです。お客さんがTikTokの画面見せて『これと同じ香水ありますか?』と聞かれるらしくて」

 いったい、彼は“香り”を発しないスマホを通して、なぜここまで香水を売ることができるのでしょうか?

“中の人”は専門用語が多い

ケンティーさん

ケンティーさん

 その驚きと納得の手法についてインタビューから明らかにしていきましょう。本業はフリーランスのSNSのディレクターをしているケンティーさん。5G回線が国内で本格スタートするのを前に、自身が香水好きであるということと、ストック性の高いコンテンツを作りたいという理由でTikTokの「香水チャンネル」を開設したそうです。

 ケンティーさんは香水をスマホの中で紹介するコンテンツには独自の価値を生み出せると確信していたそうです

「デパートの香水ショップの店員さんやブランドの“中の人”だと、ブランドのイメージがあり表現方法が限られてしまいます。『心地よいパウダリー感』や『アルデヒドが軽やかな爽やかさをもたらす』など、専門用語が多くて伝わっていないケースが多い。そこで、別の表現手段のほうが香水の魅力が伝わりやすいと思っていたんです」

おすすめ記事

TikTok公式note編集部は他にもこんな記事を書いています