bizSPA!フレッシュ

2人の女性部下から「グチLINE」が続々…板挟みにされた20代男子の苦難

 職場というのは性別や年齢、出身や趣味嗜好などの違う人々が集まる場所です。だからこそ、考えや意見の食い違いによる人同士のぶつかり合いなどが起きることもしばしば。今回は、そんなぶつかり合いに巻き込まれてしまったエピソードをご紹介します。

スマホ

※イメージです

女性の多い職場でトラブル

 近藤誠也さん(仮名・29歳)は、都内の某百貨店にて社員として働き、日々パートやアルバイトをまとめることに苦労していました。とくに近藤さんの店舗は従業員の約8割が女性ということもあり、コミュニケーションの取り方にかなり気を遣っていたといいます。

 そんな近藤さんの職場ですが、従業員同士でシフトの交代をすることもしばしばあり、そのためにLINEグループを作って活用していました。中には、近藤さんに個人LINEでシフトの相談などをしてくる従業員も。

「ある日、女性従業員のNさんという方から、同じく女性従業員のYさんという方について、愚痴といいますか『ここを注意してほしい』という内容が送られてきました。そのときは、詳しく話を聞き、なだめてなんとか落ち着いてもらったのですが、今度はYさん側からNさんのことについて送られてきて、対応が大変でした」

スマホ

従業員同士のトラブル

 Nさんは近藤さんの店舗で長く働いているパートさんで、新人教育なども任せている頼れる存在。対してYさんは別の店舗から引っ越しにより移動してきたパートさんで、ある程度仕事ができる人でした。そんな2人は仕事のやり方や考え方で合わない部分が多く、あまりいい関係とは言えませんでした。

「お互い、シフトの件や勤務態度の件で思うことがあるようなのですが、僕からすると2人共悪い部分があったんですね。なので、それぞれにそれを指摘して改善をお願いしたのですが、あまり聞く耳を持ってもらえなくて」

スマホ

 近藤さんは毎日のようにくる2人からの愚痴LINEに対応しながら、他の従業員へのさまざまな対応をしなければいけないという厳しい立場に立たされてしまいます。

12

おすすめ記事