bizSPA!フレッシュ

確定申告の期限が延長。それでも「早めの申告がオススメ」と税理士が言うワケ

マネー

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、確定申告の申告期限を3月16日から4月16日に延長することが決まっています。フリーランスや副業をしている人など、一定の基準を満たした人は確定申告の必要がありますが、期限延長以外に何か気をつけるべきことはあるのでしょうか?

確定申告

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回は、Switchコンサルティンググループ代表、税理士の水村耕史氏@koujimizumura)にお話をうかがいました。

延期の対象となる税とその期限は

 延期の対象となったのは個人事業税、贈与税、申告所得税の3つです。まずはそれぞれの確定申告の期限と納付期限について聞きました。

「基本的にはいずれの手続きも4月16日まで延期になりました。まず、フリーランスや高額収入のある個人の場合、申告所得税の確定申告期限が3月16日から4月16日に、個人事業主の消費税の確定申告の期限が3月31日から4月16日になりました。

 一方、2020年から事業を始めたフリーランスのみ、青色申告の承認申請書の提出が必要となり、こちらも申請期限が3月16日から4月16日まで延期になっています。また、贈与税の申告期限ならびに所得税の納付期限も4月16日まで延期されました」

 法人税は期間延長の対象にはならないのですか?

「現在のところ、法人に関する税務申告や手続き期限の延長は行われておらず、1月決算で3月に法人税や消費税申告を行う法人税については、今のところ例年通り3月31日までに申告が必要です。ただ、情勢次第では延長になる可能性があります」

12

おすすめ記事