1年で会社を辞めた’19年入社組の本音「あまりにホワイトすぎて…」 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

1年で会社を辞めた’19年入社組の本音「あまりにホワイトすぎて…」

ビジネス

4か月で会社を辞めた人気YouTuberの警告

新卒1年目で会社を辞めた人

無印ハヤシ氏

「今働いている会社を不満だからといって、簡単に辞めてフリーランスになるのはリスクしかない」

 こう警告するのは、ブログと「無印良品」をテーマとしたYouTube動画配信や有料noteなどで、月40万~50万円の収入を得ている無印ハヤシ氏。パワハラやブラック労働に耐えかねて、福岡県の通信販売会社を4か月で退職した’18年度新卒組だ。

「大学の同期はどんどん成長しているのに、自分はこんな会社で何をしているんだろうという焦りがありました。それで会社を辞めて一人で働こうと考え、最初に始めたのがブログ。好きなときに好きなことを書いて、それが仕事になることに憧れ、辞める前の2週間でブログを作りました」

 YouTube配信を始めたきっかけは、人気YouTuberとたまたま仲良くなったことだったという。とはいえ、「ネットで稼ぐ」と安易に会社を辞めることはオススメしないと無印ハヤシ氏は言う。

「僕は収入を得るためのチャンネル登録者数を1か月で超えたので運がよかったです。さらに12か月以内の総再生時間が4000時間ないと収益化できないので、一般人が本業で稼ごうと思ったらハードルが高いのでオススメはできません。とはいえ、会社に絶対に入らなきゃいけないという時代ではない。ブログやYouTubeは、副業で始めて、伸びる見込みができてから、本業にすればいい」

【平賀充記】
「ツナグ働き方研究所」所長。若者のキャリアや働き方に関する調査研究の専門家。近著に『神採用メソッド』『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』

【無印ハヤシ】
YouTuber。「身も心もシンプルに生きよう」がテーマのブログ運営と「無印良品に囲まれたシンプル部屋」を紹介するYouTube動画を配信中。チャンネル登録者数は約1万6000人

<取材・文・撮影/櫻井れき ツマミ具依 時弘好香(本誌)>

おすすめ記事