bizSPA!フレッシュ

お金があるのに“外食しない”若者たちの本音「温かいご飯を食べると安心」

「主婦レベル」の料理スキルに!

 節約と健康の両立は、男性にとっても重要なトピックのようで、フリーランスとして働くアキオさん(仮名・26歳・年収430万円)は、自炊生活を3年ほど続けた結果、主婦顔負けの料理が作れるようになったとか。

「自炊は、上京を機に始めました。毎日外食だと金銭的に厳しいのと、コンビニなどの出来合いの食事に身体が合わなかったからです。

 上京当初はまだ料理が下手で、外食とコンビニ飯ばかりでしたが、しばらくすると体調を崩しやすくなったので、一念発起して栄養バランスの良い食事を自分で作ることを目標にしました。

 まずは、初心者向けのレシピ本を1冊買い、豚汁や簡単な煮物から作り始めました。回数を重ねると手際が良くなり、ネット上の無料レシピを見て応用もできるようになりました」

レシピは料理漫画も参考に

料理

 段階を追って料理スキルを上げていったのですね。最近の食生活は?

「食事は基本1日2食で、朝兼昼食と夕食。フリーランスで毎朝出勤する必要はないので、どちらも自炊しています。例えば、朝はご飯・味噌汁・納豆・卵焼きなど。

 夕食はまたご飯・味噌汁・魚の煮物や炒め物・おひたしや冷奴など。夕飯のおかずはメインとサブの2種類用意し、味噌汁やスープ類はいつも2食分作って繰り越して食べています。

 節約と豊かな食生活を目標にしているので、『きのう何食べた?』(よしながふみ)など、料理漫画をすごく参考にしています」

おすすめ記事