bizSPA!フレッシュ

「これが、ホラーの現場か」三吉彩花が語る、撮影中の恐怖体験

 ジャパニーズホラーの大家で、自らの作品のハリウッド版リメイク『THE JUON/呪怨』『呪怨 パンデミック』で全米興行収入1位を獲得した清水崇監督。最新作となる『犬鳴村』は、実在の心霊スポットを舞台にした都市伝説ホラーです。

三吉彩花

三吉彩花さん

 身の回りで起きる奇妙な出来事の真相を突き止めようとする臨床心理士の森田奏役を、女優でファッションモデルの三吉彩花さん(23)が務めました。

 今年はさらに主演作『Daughters』(2020年秋公開)も控えるなど、女優としての活躍が目覚ましい三吉さんに、本作の撮影現場で感じたことや、ここ数年の心境の変化などを伺いました。

もともとジャパニーズホラーは苦手

犬鳴村

(C) 2020 「犬鳴村」製作委員会

――主演作が続いていますが、今回はホラーに初主演ですね。

三吉彩花(以下、三吉):この前がミュージカル映画の『ダンスウィズミー』だったので、全く別のお芝居ですし、撮影に入る前からとても楽しみでした。

――もともとホラーは?

三吉:海外のホラーはとても好きです。日本の作品とは文化的に違いますし、笑えるところもあって、どこか自分とは離れて観ることができるので。逆にジャパニーズホラーはほとんど観たことがないです。近しい感じが苦手で(苦笑)。

――それが今回は、ジャパニーズホラーの第一人者である清水監督作の主演です。

三吉:ご一緒させていただける機会があるとは全く思っていませんでした。監督にお会いしたときに「ジャパニーズホラーは苦手で、監督の作品も観たことがないです。すみません」とお話したら「いいよ、全然。観なくていいよ」とおっしゃっていました(笑)。なので、結局、『呪怨』を少し観ただけです。

ハッシュタグ

おすすめ記事