人工知能の暴走を描く、入江悠監督「研究者は優しい人が多かった」 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

人工知能の暴走を描く、入江悠監督「研究者は優しい人が多かった」

20代は「本当に何もしてなかった」

AI崩壊

――20代の頃はショートムービーや自主映画を撮られていたそうですが、『SR サイタマノラッパー』で評価されるまで、どんな意識で過ごされていたのですか?

入江:20代のときは本当に何もしてなかったです。会社に勤めたこともありますが、すぐに辞めちゃって、そのあとはフリーターでした。10代の終わりで僕は映画の世界で生きていくんだと決めたのですが、20代のときにはなかなか映画を撮れるチャンスがなかった。ただ映画の世界で生きていくんだという気持ちはそのままでした。

――「30歳が近づいてきた。ヤバイ」といった気持ちはなかったのでしょうか。

入江:ありましたよ。ただ、それまでの間ずっと、映画作りの糧になるものにしか触れていませんでした。

 本を読んだり、映画を観たり、音楽を聴いたり、30歳で監督になれていなかったら辞めようと思ってはいましたが、就職活動のために何かをしたことは一切なかったんです。

悶々と吸収だけしてきたのが良かった

AI崩壊

入江:今の時代は20代前半で商業デビューする監督も増えていますが、僕自身は20代の頃、デビューできずに悶々と吸収だけしてきたのが良かったと思っています。

 そのストックがあるから今、脚本を書くことができている。もし、やりたいことが見つかっているなら、そのことだけ求めていると、いつかチャンスは回ってくると僕は思います。

――逆にいうと、チャンスが来たときに掴める蓄積がないとダメですね。

入江:蓄積がないと、そのときに発揮できませんからね。20代は、何も生産的なことができていなくてもいいと思いますよ。ひたすらインプットだけ。それが花開く瞬間はいつか来ます。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

【公開情報】
AI崩壊』は全国公開中
(C) 2019映画「AI崩壊」製作委員会

ハッシュタグ

おすすめ記事