bizSPA!フレッシュ

フォロワー15万超「アイドルオタクあるある」でバズった26歳男子の正体

 今、SNSでバズりまくっている一人の男性アイドル、もとい“アイドルオタク・アイドル”がいる。自らもボーイズグループ「CUBERS」のメンバーでありながら、熱狂的なアイドルオタクでもある末吉9太郎(26歳)。彼が投稿する「アイドルオタクあるある」動画が、注目の的になっているのだ。

カルチャーフェス

末吉9太郎さん

「MC中の推しに大声で話しかけたら反応がきたオタク」「ライブの最後の言葉に感動したオタク」など、アイドルオタクの生態をリアルに切り取った内容が若者を中心にバカ受け。本人は今の状況をどう思っているのか?

アイドルとオタクを“繋ぐ”男性アイドル

「去年の8月からオタク動画をアップし始めたんですが、街を歩いていると中高生から声をかけられることが増えたし、先日は酔っ払ったサラリーマンの方から『あ、“それなー”の人じゃん』、って言われました。正直バズりたかったので、今はとっても嬉しいですね」

 ちなみに「それなー」とは若者がSNSなどで多用する相づちの表現。彼は動画内で「それなー」を印象的に使っているので、今では代名詞的な存在にまでなっているのだ。

 ほかにも、若者が思わず共感せざるをえないリアルな日常を見事に表現する彼だが、そんな人間観察力をどう養ってきたのか?

「動画の内容は、僕自身のことや、小さい頃から見ていたアイドルオタクの生態をちょっと誇張していますね。自分もそうなんですけど、オタクには“古参アピール”して、つい周りにマウント取っちゃう人がいるんですよ。『昔から知ってるし』的な」

原体験は後藤真希のソロライブ

アイドル

※イメージです(以下同じ)

「ほかにも自分より早めに会場に並んでる人に『え? 今日そんなに頑張るイベントじゃないよね?』とわざと聞こえるように言ったり(笑)。そういう姿を見ると『必死さが逆にかわいいな』と思うんです」

 そんな彼のアイドルオタクとしての原体験は、小学生時代に遡るという。

「僕は小学4年のときに後藤真希さんのソロライブに初めて行ったんですけど、会場でオジさんたちが豹変する姿が衝撃的で。ライブ後には皆さん汗だくなので一斉に制汗スプレーをするんですが、今でもライブ会場であの独特の匂いを嗅ぐと、ほっこりします(笑)」

ハッシュタグ

おすすめ記事