bizSPA!フレッシュ

染谷将太、15年ぶりの再会に「いろんな感情が一気に湧き出てきた」

自分が呼ばれたことの意味を果たしたい

最初の晩餐

――豪華なキャストで、メインはみんな染谷さんの年上です。そのなかで主演として立つとき、何か意識しましたか?

染谷:主演か主演じゃないかということで意識を変えるということは、普段からないです。ただ、役割が変わってくるので、そうした意味で違いはあると思います。

 この映画でいうと、お客さんは麟太郎に沿って作品を見ていく構成なので、それを全うしなければならない。そうすると自然と現場での居方も変わってきますし、必然的に現場にいる時間が一番長いので、みなさんとのコミュニケーションの取り方も変わってきます。意識的に何かを変えようとはしていませんが、結果、変わってくるということはあると思います。

――役者として忘れないようにしている思いがありましたら、教えてください。

染谷:役柄を全うするということしかないです。自分としては。自分が呼ばれたことの意味を果たす。

――人気作、原作ものにも多く出演されていますが、本作のようなオリジナル脚本の作品が大切だと感じる瞬間は?

染谷:原作もの、オリジナル、どちらがいいということはないんです。どちらだろうが面白ければいい。ただ、せっかく面白い内容なのに、オリジナルだからということで企画が通りづらいことがあると聞くのは寂しいですね。でもこの作品は通っていますし、重要なのは面白いかどうかだと思います。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異

【公開情報】
最初の晩餐』は全国公開中
(C) 2019『最初の晩餐』製作委員会