bizSPA!フレッシュ

染谷将太、15年ぶりの再会に「いろんな感情が一気に湧き出てきた」

何か強がっている部分が漏れ出ている

最初の晩餐

――子供時代の思い出と現在が映し出されていきますが、その間の、描かれていない15年も麟太郎にとってとても大きな時間だったと思います。15年を埋める作業も、モデルでもある監督を観察することが役立ったのでしょうか。

染谷:そうですね。大きかったかもしれません。少年時代の麟太郎は、結構明るいんですよね。でも15年経つと、若干やさぐれた人物になっている。監督がやさぐれているわけではないですけど(笑)。

 ただ明るいだけではない大人になっていて、根はいい人なんだろうけれど、何か強がっている部分が漏れ出てしまっているようなところは気を配りました。なぜ15年経って彼があの感じになっているのかも、この映画のキーといいますか、だからこそ動いていく物語でもあるので。

窪塚さんとの再会のシーンに…

染谷将太

――15年ぶりに、窪塚さん演じるお兄さんが帰ってきます。玄関のシーンについて、窪塚さんは「通じ合うものがあったと確認できた」とコメントされています。染谷さんは何を感じましたか?

染谷:実は、役と、役じゃない部分でも動かされたところがあったんです。窪塚さんとは久しぶりの共演で、そのうえであの登場のされ方をされると、「うわ、来た。この人知ってる。だけど久しぶり」というのが、僕自身の気持ちとしても出て、それが麟太郎の感情に拍車を掛けました。

「あの人が入ってきた」という驚きとか感動とか困惑とか、いろんな感情が一気に湧き出てきた。そんなシーンでした。ただ本当は、僕は役じゃない部分で動かされるというのは、あまりしたくはないんですけどね。でもあのシーンでは、正直ありましたね。

――共演者の方とのエピソードで、覚えていることを教えてください。

染谷:戸田さんが、サプリとかちょっとした風邪薬みたいなものを、いつも準備万端で持っていたんです。体調を崩したときには、戸田さんに相談すると、「これを飲むといいですよ」とすぐに何か出てくるという。みんなが頼ってました。