bizSPA!フレッシュ

Facebookが“いいね!”非表示。人気インフルエンサーへの影響は

ガジェット

 2019年9月27日から、Facebookのいいね!が非表示になる実証実験がスタートした。

 これによって、「いいね!」の数や動画の再生回数は、投稿者にしか見えなくなる。7月にはInstagramがいいね!を非表示化しており、それに次ぐ措置となる。

SNS

※画像はイメージです(以下、同じ)

 ここで気になるのが、インフルエンサー(SNSを通じて利用者の購買意欲に影響を与える人々)の動向だ。従来、フォロワーやいいね!などの数的評価は、彼・彼女らの影響力を判断する基準として見られてきた。

 Facebook、Instagramのいいね!が非表示となった今、インフルエンサーはどのようにSNSと向き合うのか。今回bizSPA!取材班では、世界11か国でインフルエンサーマーケティングを手がける、Gushcloud Japan Co.,Ltd.代表取締役、上野和孝さんに話を聞いた。

これからを勝ち残るインフルエンサーの特徴

instagramいいね非表示

Instagramは「いいね!」非表示テストを開始した(Facebook内、公式ページより)

 いいね!非表示で先陣を切ったのは、Instagram。7月17日から、日本を含む7か国で、一部の人々のいいね!と、ビデオビューの総数を隠すテスト運用を開始した。そんななか、上野さんは「これからがインフルエンサーの真の時代だ」と断言する。

「今後、SNSの様々なあり方が生まれることで、特定のファンコミュニティを持つインフルエンサーや、マイクロインフルエンサー(特定のジャンルに特化したインフルエンサー)が、より強い影響力を持つことになるでしょう。

 TwitterやFacebook、Instagramの時代が、次のG5の時代にどう変わってゆくかは誰にもわかりません。しかし、その時代に合ったSNSサービスをユーザーは利用していくので、そんな時代にこそ、インフルエンサーが今まで以上に活躍してゆくと確信しています」

12