bizSPA!フレッシュ

バドミントン世界選手権V2の桃田賢斗・25歳。それでも募らせる危機感とは

暮らし

不祥事を乗り越えて更なる偉業へ

バドミントン

 世界王者として迎える来年の東京オリンピック。本人のみならず、声援を送る側である我々も大きな期待と共に特別な視線を送る。

 3年前、違法カジノ店での賭博行為が発覚し出場停止処分となった桃田。メダル候補にも挙げられていたリオ五輪への出場は成されなかった。また、公式戦復帰までもおよそ1年間を要したことは、アスリートとしてはこの上ない痛手であったことは想像に難くない。

 それでも処分を真摯に受け止め、2017年に復帰、再び国際舞台に返り咲き、現在はまた第一線を行く。競技者としてはまだ伸びしろのある20代前半。復帰後の世界連覇という偉業ですら、まだまだ過程のひとつであるのかもしれない。

 大会後に自身が語ったコメントからは、すべてのスキルにおいて更なるレベルアップの必要性と共に、今後への危機感が伝わってくる。現状に満足することなく、その歩みを止めようとしない姿勢こそが、世界王者に君臨し続ける桃田賢斗の真の強さの所以か。

<TEXT/佐藤文孝>

新潟県在住。Jリーグ、プロ野球、大相撲やサッカーW杯、オリンピックなど多くのスポーツの現場に足を運び、選手、競技から伝えられる感動を文章に綴っている

12

人気タグ

おすすめ記事