bizSPA!フレッシュ

警察官が嫌う「ゴンゾウ」ってどんな人?

コラム

A.警察署長

 警察官が「うちのオヤジ」と言ったら、本当のお父さんではなく「警察署長」のことを指します。

 組織の長をオヤジと呼ぶのは、何だか任侠映画みたいですね。警察署長をオヤジと呼ぶことで、警察署の「一家」としての結束を強めているのです。

 ちなみに副署長は「オフクロ」と呼ばれます。副署長は庶務を統括する立場にあり、決済を細かくチェックする“内助の功”的な役割がある、お母さん的な存在なのです。

 警察署長は、階級としては「警視」かその上の「警視正」から任命されます。各都道府県の警察で採用された「ノンキャリア」と呼ばれる経歴の警察官は、警視になるまでに何度も昇級試験を受けなければならず、選考されなければなりません。

 しかし、大卒で国家公務員試験に合格し警視庁に採用された「キャリア」と呼ばれる人々は、入庁から7〜8年経てば「警視」になることができます。およそ30代で警察署長と同等の階級になれるとは、キャリアがどれ程のエリートか分かりますね。

Q.「赤詐欺」ってどんな詐欺?

「赤詐欺が捕まったらしい」

 婚活中の人は気をつけましょう!

詐欺

ハッシュタグ

おすすめ記事