bizSPA!フレッシュ

平均年収2000万!キーエンス元社員が明かす“徹底した社員管理”

ビジネス

 国税庁が発表した「平成29年分民間給与実態統計調査」によれば、日本の給与所得者の平均年収は約432万円。

キーエンス

※画像はイメージです (C) Mohamed Ahmed Soliman

 そんななか、社員の平均年齢35.8歳で、平均年収は2110万円(Yahoo!ファイナンス)と、5倍近い給与を得られるのが、大阪に本社を置く、FAセンサーなどの検出・計測制御機器大手のキーエンスです。

平均年収は2000万超!“40代で墓が立つ”の噂も…

『就職四季報2019年版』掲載企業1293社のうち、平均年収が公開されている1113社のなかで、もっとも平均年収が高い、キーエンス。ですが、高収入が取りざたされる一方で、外部に漏れ聞こえて来る情報量が少なく、内実はあまり明らかにされてきませんでした。

 一時期は「GPSで社員を管理している」、また激務から「30代で家が建ち、40代で墓が建つ」といった、ぎょっとするような噂がたったことも。

 キーエンスとは、いったいどのような企業なのか。今回はキーエンスの元社員で、現在は就職支援事業などを営む、吉田敬悟さん(25歳・@K5_940310)にその実情を聞いてみました。

新卒社員は初年度で年収800万円

吉田敬悟

キーエンス元社員・吉田敬悟さん(25歳)

――吉田さんは2016年に新卒で営業職での採用とのことですが、キーエンスだと1年目はどのくらいもらえるのですか?
 
吉田敬悟(以下、吉田):当時は額面で650万円ほどでしたが、現在では新卒でも800万円ほどだそうです。

――初年度から800万ですか……。どんな人材があつまっているんですか?

吉田:いわゆる、“クラスの人気者”が集まったような会社でしたね。同期にしても、上司にしても、コミュニケーション能力や情報処理能力など、社会人として必要とされる、あらゆる能力のベースが高い人たちが集まっていました。

――キーエンスを出て起業する人が多い、という話も聞きますが、どうなんでしょう?

吉田:同期全体で見ると辞めているのは15%くらいでしょうか。世間で言われているほど、キーエンスを出て起業した人は多くはありません。内部に残る人間か、他の大手企業に転職をする人が多いです。