bizSPA!フレッシュ

iPhone、3秒でバッテリー節約&充電時間を短縮する小ワザ

ガジェット

iPhoneの充電時間を短縮するには?

 急いでいるときに限って、iPhoneの充電がなくなりかけている、というのはよくあること。慌てて充電を開始してもなかなか残量が増えず、イライラすることも。

 そこで充電時間を短縮するには、以下の方法がおすすめです。

iphone

画面を下から上にスワイプしコントロールセンターを表示→飛行機マークをタップすると、「機内モード」がオンになる

 充電をする前に、コントロールセンターを開いて「機内モード」をオンにすると、充電時間を短縮できます。

 上でも説明した通り、iPhoneは使っていないときでも常にバッテリーを消費しています。機内モードにすることでバックグラウンドで動いてしまっているデータ通信などをカットすることができ、効率的に充電を行うことができます。

 ただし、当たり前ですが機内モードにしてしまうとLINEやメッセンジャーなどの通知、電話などの連絡を受け取ることはできないので、注意が必要です。

 簡単に設定できるので皆さんも試してみてください。本連載【今すぐ実践できる「ガジェット裏技」】では、iPhoneをはじめ、みなさんがビジネスシーンで日々使用しているさまざまなガジェットの“知られざる裏技”を紹介していきます。

<TEXT/尾身宗一郎>

フリーライター。大学院を卒業後、大手メディア会社にてメディア運営やアドネットワーク運用などを担当。趣味は車。個人ブログ「bluexlab」を運営。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事