bizSPA!フレッシュ

西武鉄道「電車フェスタ2019」体験ルポ。注目の新型車両Laviewも

 西武鉄道は6月1日、埼玉西武ライオンズの本拠地、メットライフドーム(西武ドーム)約2個分の広さを構えた武蔵丘車両検修場で「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」を開催。新緑あふれるなか、多くの家族連れやレールファンでにぎわった。

西武ドーム

武蔵丘車両検修場まで、あと少し

 武蔵丘車両検修場は池袋線東飯能―高麗間に所在し、そこへ向かうには、高麗駅から徒歩のほか、イベント限定の直通臨時列車、飯能駅から無料送迎バスの3通りがある。

山道を歩いて「メイン会場」に

 私は高麗で下車し、歩くルートを選択。集落を出ると、ハイキングコースのような山道を歩く。武蔵丘車両検修場まで、あと220メートルになると、電車1両分(20メートル)おきに「入口まであと×両」を電車の写真つきで案内。これがあるだけでも、山道を歩く苦痛をやわらげてくれる。

西武ドーム

検修棟の一部は、メイン会場を表すかの如く、露店やステージと化す

西武ドーム

ステージの奥では、トラバーサー乗車体験を実施

 山道を登り切り、武蔵丘車両検修場に到着。来場者はメイン会場の検修棟から並んでおり、9時30分の開場を待つ。検査中の車両を運ぶトラバーサーの“軌道内”の一部に、各鉄道事業者などのグッズ販売が露店のように並んだほか、その先にステージを設けた。まるでコンサートを開催するような光景に映る。

西武ドーム

埼玉県のマスコットも“翔んで”駆けつけた

 9時30分に開場すると、来場者は、はやる気持ちを抑えるかのごとく、なかば早足で歩き、各ブースへ向かった。

101系の新色と4000系のボックスシート

 検修棟内を歩き、まずは休憩スペースへ。検査中の101系2両を展示しており、ホームページでも掲載されていないカラーリングを身にまとう。その姿は似合っており、もうひと花を咲かせる日は近いのかもしれない。

西武ドーム

西武唯一の3ドア車となった101系

 そこを抜けると、4000系のボックスシートを展示。ジョイフルトレイン『52席の至福』改造の際に撤去したものだろうか。数分程度の休憩に使えそうだ。

西武ドーム

向かい合わせにしない形で展示されたボックスシート

 付近では、シートモケットを使ったコースター、ミトンなどを販売。手ごろな価格が来場者のココロをつかんだようで、午前中で完売した。

西武ドーム

西武社員の手作り商品

ハッシュタグ