bizSPA!フレッシュ

スマホで撮った写真を売るだけの副業で、月5万円稼げるか?試したら涙の結果に

ガジェット

 2019年4月から「働き方改革関連法」が段階的に施行され、副業解禁が叫ばれる昨今、どの副業がラクかつ、始めやすいかは気になるところ。

スマホ

※写真はイメージです

 定番の転売や話題の副業は、果たしてどれほどの労力なのか? ライターが体当たり取材で、大調査した!

カメラロールの写真がカネに! が、目標額には遥か遠く……

 写真販売の副業に、一見気楽な、スマホ写真を販売できるサービスがある。「Pod Pics」という、指定のスポットをスマホ撮影、簡単なアンケートに答え、1ポイント(=P)1円のポイントを稼ぐアプリだ。実際に試してみた。

写真

わざわざ出向いた写真が没になったときの徒労感は暴力的。片手間でももうやらない

 案件はアプリの地図上に表示される100㎡の空き地などを撮影する50Pのジョブと、渋谷のイベントのポスターを撮影する一人3件まで100Pのジョブを中心に撮影した。

 しかし、2日かけて調布・川崎などまで足を運んで広い空き地を探したが、さすが都心部、空き地などまったくない。計21件をこなしたが、場所によっては条件通り撮影するのが難しく、4件は不承認に。

 得た報酬は1000円で、時給換算だと約60円。交通費は1円も出ないので、560円の赤字だった。あまりにも絶望的な額すぎて、膝から崩れ落ちた。

12

ハッシュタグ