JR西日本、新快速「有料座席」に乗車してみた。4つの課題点も | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

JR西日本、新快速「有料座席」に乗車してみた。4つの課題点も

日中でも乗車率は4割。JR西日本も手応えを得たか

 さくら夙川を通過すると、近くの夙川河川敷緑地は桜が満開。花見客が多く、楽しんでいる様子だ。

 三ノ宮で白髪の男性が進行方向右側の空席に落ち着き、姫路までの乗車整理券を購入。神戸に到着すると、車掌の了解を得て、左側の席に移動した。どうやらJR東日本首都圏の普通列車用グリーン車と同様、席の移動は自由らしい。

 山陽本線に入ると、立席の乗客がいなくなった。進行方向左側には大阪湾が見え、雄大な海、壮大な明石海峡大橋が車窓を彩る。須磨―朝霞間は“新快速の絶景区間”といえよう。

明石海峡大橋

大阪湾と明石海峡大橋

 加古川を発車すると、Aシートの乗客は18人。乗車率約4割は「健闘」という言葉があてはまる。日中でこの数字なのだから、JR西日本も手応えを得たのではないだろうか。

Aシートに乗車してわかった今後の課題や注目点

 Aシートは今後も増やしてほしいと願っている。今後の課題や注目点をあげておこう。

■自由席にするか、指定席に変更するか
 冒頭で述べたとおり、米原方面列車の9号車は乗車率が高く、もしAシートを有料自由席のまま、運転区間を拡大にしたら、乗客は米原―大阪・姫路間といった、長距離乗車が中心なるものと考えられる。

 30分程度の短距離利用客などに対応するためには、ホームなどに券売機を設置し、シートマップでお好きな席が選べるよう、指定席券として発売することも一考である。

■人員の確保
 Aシートは専任車掌2人乗務していたが、今後増発されても人員を増やせるのかが気になるところ。乗務員になるには、ある程度の経験を積んでから試験を受け、合格しても、道はまだ切り開けない。

 JR東日本首都圏の普通列車用グリーン車、京阪電気鉄道のプレミアムカーでは、専属のアテンダントを募集し、人員を確保した。こちらは雇用後、研修などを経てから現場に就く。

■新快速の新型車両導入
 Aシートは既存車両の改造により投入されたが、将来は新型車両を導入するものと考えられる。新型車両だと、1から設計できるので、座席と側窓の位置が完全に一致、洗面所の設置など、快適性の向上が期待されよう。

■8両車のトイレ増設を
 本題のAシートから外れるが、以前から気になっているのは、8両車のトイレが1号車のみということ。長距離乗車の場合、トイレがある車両、もしくは近い車両を選択する乗客がいると思う。もう1~2か所増設することで、乗客に安心感を与えるはずだ。

Aシート

Aシートは9号車に連結されているので、先頭車の御尊顔を拝することができない

雄大な海・壮大な橋・天下の国宝を望む旅に

 野洲から160.2キロに渡り快走を続けた新快速は、定刻通り14時02分、終点姫路8番のりばに到着。より快適、より充実した2時間03分だった。ちなみに、青春18きっぷ1日分の乗り継ぎだと、九州の小倉まで到達できる。

姫路城

姫路城と神姫(しんき)バス

 姫路で下車すると、1キロ先に天下の国宝、姫路城がそびえたつ。それを彩る神姫バスは、デジタル方向幕の「回送中です」が微笑ましい。在来線ホームの高架化で整備された21世紀の街なみと、古来の城が見事に融合し、“絵になる風景”に進化していた。天下泰平の世は、令和以降も続くであろう。

<取材・文・撮影/岸田法眼>

レイルウェイ・ライター。「Yahoo! セカンドライフ」の選抜サポーターに抜擢され、2007年にライターデビュー。以降、ムック『鉄道のテクノロジー』(三栄書房)『鉄道ファン』(交友社)や、ウェブサイト「WEBRONZA」(朝日新聞社)などに執筆。また、好角家の側面を持つ。著書に『波瀾万丈の車両』『東武鉄道大追跡』(アルファベータブックス刊)がある

おすすめ記事