bizSPA!フレッシュ

多部未華子30歳、女優業を語る「よくも悪くも反省しないタイプ」

コラム

年下の男性には「しっかりしてほしい」と思う

多部未華子

――自分はできないかもしれないけれど、憧れるということは?

多部:憧れもないですね……。

――多部さん自身はどんな男性に惹かれるのでしょう。

多部:自分の感情に左右されずに、一度冷静になれる人ですね。熱くならずに、一回飲み込む。なかなか出来ることではないですが。

――若い男子には少し難しいですね。年下男性を、それこそ“母性”でヨシヨシしてあげたいといった気持ちは。

多部:30歳をすぎると、年下の男性が、かわいく見えてくるといいますよね。ですが私はまだ男性をかわいいなと感じる域には達してないです。そう思うよりも、しっかりしてほしいなと思います(笑)。

仕事に対する意識が変わった瞬間は「なかった」

多十郎殉愛記

――多部さんは10代前半からお仕事されています。そして30代に入りました。これまでに、仕事に対する意識が変わった瞬間などはありましたか?

多部:私、そういった経験が本当になかったんです。自分が大きく変わる瞬間のような……。どうしたものでしょうか(笑)。

――女優のお仕事は、好きだから続けているのでしょうか、それとも仕事だから?

多部:仕事としてですね。

――ご自身に向いているとは感じますか?

多部:芝居が向いているかというよりは、次から次へと現場が変わっていったり、作品によって求められるものが変わったり、初めましての人が多かったりという環境がすごく性に合っているとは思います。

――毎回、挑戦も多いと思いますが。

多部:よくも悪くも反省しないタイプなのがいいのかなと。もちろん、毎回緊張しますし、不安もあるけれど、そうしたことにナーバスになり過ぎたりはしません。石橋を叩いて渡るどころか飛び越えるタイプなので(笑)。好奇心も旺盛ですし。普段悩むことはありますが、仕事関連で悩んでどうのというのはほとんど経験がありません。