bizSPA!フレッシュ

30代の約半数が「貯金50万円以下」の衝撃。20代からできるマネープランとは?

マネー

20代を取り巻く年金事情はどうなっている?

 20代が将来へ漠然とした不安を抱くのは、年金の不透明さも大きいといわれています。

「年金を払ったのに全くもらえないことはないでしょうけど、これまでを考えると、年金の受け取り年齢が引き上げられる可能性は十分あります。20代の人は、その分長く働かざるを得ないことになるかも」

 なんとも先行きの暗い話ですが、「働く以外にも対策がある」と横山さんは言います。

「それは、お金を貯めてそれを投資などで増やしてリタイアを目指す方向です。若いうちに始めたほうが有利なのでぜひ取り組んでほしいです」

 お金に不安のない将来を迎えるには、貯金から投資へのマインドチェンジが不可欠とし、横山さんは著書でさまざまな投資の選択肢を解説しています。では、何に投資すれば良いのでしょうか?

投資は何から始める?

横山さん

「貯金から投資へのマインドチェンジ」と、横山さん

 投資するにしても、世の中には株や為替、債券、不動産とさまざまな投資対象があります。そのなかで横山さんの一押しを聞いてみると――。

「株式投資ですね。10万円程度と比較的少額から始められるし、うまく銘柄を探せば何倍にもお金を増やすチャンスがあります。

 たとえば、多くの人が通信費節約に活用している格安シム。関連銘柄の株価は10倍以上に値上がりしました。普段の生活の流行りものに、大化けする銘柄は転がっています。ほかには海外旅行に行く機会が多い人は為替取引もいい。

 大事なのは『自分が興味を持てる金融商品から始める』ことです。たとえば投資資金が100万円あるなら、いきなり全額投資するのではなく、まずは半分の50万円程度を上限に投資するのが無難です」

 自分が興味を持てる投資対象を見つけることが重要だといいます。また、会社で確定拠出年金に加入している人は、投資対象が被らないよう確認することも必要です。