bizSPA!フレッシュ

埼京線が遅延する日数・長さはどのくらい? 遅れる原因と解決策

「通勤電車はよく遅れる」。いや、“よく”という言葉が微妙なほどで、より踏み込んで言うなら、空気を吸うように遅れる。

通勤ラッシュ 電車ホーム

※写真はイメージです(以下、同じ)

 都心部へ電車通勤する人のなかには、あらかじめ多少の遅延が生じることを見込んでいる人も多いだろう。

 鉄道会社も遅れたくて遅れているわけではないのは重々承知であるが、利用者の立場だと「朝のラッシュ時には通勤電車は遅れるのが当たり前」と、諦めの境地である。

20日のうち18日も遅延する路線とは?

 そうした中で「とりわけ遅れが多い路線があるのでその理由を知りたい」と読者から依頼があった。その路線とはJR埼京線

 国土交通省が調査した「平日1か月当たりの遅延証明書発行日数状況」(平成29年度)によると、実に1か月のうち18.2日で遅延証明書が発行されている。調査日数は20日間なので、つまりはほぼ毎日遅れているのだ。

1ヶ月当たりの遅延証明書発行日

画像:国土交通省

 この埼京線を上回る遅れっぷりの路線は中央・総武線各駅停車(19.2日)、宇都宮線・高崎線(19.0日)、中央快速線・中央本線(18.8日)だけ。埼京線は首都圏ではトップクラスの“遅れる路線”なのだ。

ほぼ毎日遅延する「JR埼京線」ユーザーの心理

 利用者は果たしてその実態をどう思っているのか。朝のラッシュ時に埼京線を訪れてみた……が、大混雑の上に1分も惜しい通勤時間。とても利用者に声をかけて話を聞ける状況ではないので、改めて夜の帰宅時間帯に沿線に足を運んだ。

「遅れるのはしょうがないですよね。一応、15分余裕を持って家を出ているんで」(30代・男性)

「別に遅れていても、順番に電車が来るならあまり気にならない。時間通りに来ると、最初から思っていない」(40代・男性)

「遅れよりも混雑のほうがツラい。東京はどこも同じだから、しょうがないんですけど」(20代・女性)

 総じて見れば、やはり埼京線ユーザーたちは電車の遅れについては諦めてしまっているようだ。

埼京線はどのくらい遅延してるのか?

JR埼京線

JR埼京線

 では、その遅れの実態はどのようなものなのか。前出の国交省の調査では、さらに遅延時間ごとの詳細なデータを出している。それによると、埼京線では「10分以下の遅延」が6.9日、「10分超~30分以下」が8.6日、「30分超の遅延」が2.6日となっている。

 10分以下の遅延はその原因の大半が乗降時間の遅延によるもの。つまりは、あまりに混んでいるから駅での乗降に時間がかかりすぎて少しずつ遅れていってしまう……というわけだ。

 実際に埼京線は混雑率185%という首都圏屈指の混雑路線。それがストレートに遅延につながっているのだろう。

「30分超の遅延」が2.6日もあるナゾ

 ただ、一方で気になるのが2.6日という30分超の遅延日数。これは宇都宮線・高崎線の2.7日に次ぐ2番目に多い数字だ。

 30分を超えるような長時間の遅延は、すなわち長い時間電車の運行がストップしたことを意味する。その原因となるのは人身事故や線路立ち入りなどだ。

 ところが埼京線は多くの区間が高架線。踏切から線路内に侵入して轢かれてしまうような事故は起こりにくい。ホームドアが未設置という事情もあるから、駅からの飛び込みというケースもありうるにせよ、埼京線の長時間遅延の多さは少々ナゾである。ここでまた、利用者の声を聞いてみよう。

なんか多いですよね。人身事故なのかなんなのかわからないけど」(30代・男性)

そういえば、よく聞きますね。高崎線の影響で遅延している印象です」(20代・男性)

湘南新宿ラインの遅延が波及

台風の影響による電車遅延

 こうした声からも想像できるように、長時間遅延の大きな原因は“他路線の遅延の影響”であろう。

 埼京線が直通運転を行っている他路線は、JR川越線と東京臨海高速鉄道りんかい線。ただ、後者はお台場方面に走る大半が地下の路線だし、川越線は比較的利用者数の少ない郊外路線。

 ならばなぜ? という気もしてくるが、埼京線は池袋~大崎間で湘南新宿ラインと同じ線路(山手貨物線)を共有している。

 湘南新宿ラインは高崎線・宇都宮線・東海道線・横須賀線とも直通する長大な路線の一部であり、これらの路線の遅延が“同じ線路”を利用する池袋~大崎間を通じて埼京線にも波及してしまう、ということだろう。

 実際、宇都宮線・高崎線は30分超の遅延が2.7日におよぶ。この影響を埼京線に及ばないように留めるのは至難の業。結果、30分超の遅延が2.6日という有様になってしまったのである(ちなみに、10分超~30分以下の遅延も8.6日と多く、これも他路線からの影響があると思われる)。

首都圏特有「相互直通運転」の問題点

 こうした“他路線の遅延の影響の波及”は、相互直通運転が盛んに行われている首都圏では大きな問題のひとつだ。

 前述の湘南新宿ラインでも、その遅延は埼京線どころか上野東京ラインや常磐線にまで波及する。事故が京浜東北線や山手線と並行している場所で起きたならば、そちらにも当然影響するだろう。

 また、地下鉄を間に挟んで多くの路線が相互直通運転をしているから、私鉄でも同様の問題が起こる。東武東上線の川越あたりで事故が起きれば、直通先の地下鉄副都心線を通じて東急東横線、西武池袋線などにも影響が及ぶのだ。

 相互直通運転は、何もなければその利便性の高さは言うまでもない。郊外から都心まで乗り換えなしで行くことができるのだから、これまで相互直通運転を充実させてきたことは大きなプラス。

 とはいえ、同時に起こりうるのがこうした“遅延の波及”なのである。むろん、「だから相互直通運転はよくない」などと言うつもりはないが、特に埼京線に限って言うならば、直通というよりは線路共有によって起きる遅延の波及。いくらかかわいそうな気もするが、果たして解決方法はあるのだろうか。

<取材・文/鼠入昌史>

おすすめ記事