bizSPA!フレッシュ

すぐ辞めて安易に「第二新卒狙い」が危ない理由。人事のプロが教える

キャリア

 売り手市場で「就活生有利」と言われている就活市場。企業は新卒の就活生だけでなく、「既卒・第二新卒」を狙って採用活動を必死に行っているようだ。

 第二新卒というのは、明確な定義があるわけではないが、おおむね「新卒で入社して3年未満で離職・転職を行う」人材を指すことが多い。

面接 採用

※画像はイメージです(以下同じ)

 そんなムードを受けてか、学生側にも「とりあえず新卒で。ダメなら第二新卒!」とおおらかに捉える向きがあるようだ。とはいえ、そんな簡単に会社をやめてしまって本当に大丈夫なのか?

第二新卒で転職して成功することは稀!?

 前回のインタビューではこれまで1000社以上の新卒シーンの人事周りのコンサルティングを行ってきた佐原資寛さん(EDGE株式会社の代表取締役)に、採用担当者から見た「採用のミスマッチ」について話を聞いた。今回は“安易な第二新卒狙い”に警鐘を鳴らしてもらった。

「正直、第二新卒で転職して成功している事例は少ないです。ここ数年の就活市場も、売り手市場で“学生有利”と言われていますが、求人数が多いのは小売業、不動産業、流通業界など、ここ数年慢性的な人材不足で、就活生にも不人気な業界ばかりです」

 リクルートワークス研究所の調査によると、2019年卒の求人倍率は「1.88倍」。一般的に売り手市場と言われるのは1.6倍以上なので、たしかに売り手市場ではある。

 しかし、業界別に見ると「製造」の求人倍率は2倍、「建設」は10倍、「流通」は13倍と、学生に対して募集が多い。一方、「金融」は0.2倍、「サービス・情報」は0.5倍と、依然として狭き門であることに変わりない。売り手市場とはいえ、新卒で憧れの業界に入るのはやはり難しいのだ。

退職しやすい世の中だけど注意が必要

人事

EDGE株式会社代表取締役の佐原資寛さん

 佐原さんも「今は退職しやすい世の中だが、大手ほど入社2~3年の転職者を避ける傾向がある」と語る。

「退職理由次第でもありますが、大手企業だと3~5年は職務経験がないと履歴書で足切りされてしまうことが多い。その結果、1社目を退社しても、なかなか第二新卒で内定がもらえず、ズルズルとブラック企業に流れ着いてしまうことが少なくない。悲惨なのは30~40代になってもスキルが身につかず、ジョブホッパーになって賃金が上がらないことすらある」

 とはいえ、ブラック企業や上司との関係悪化などの理由から、本気で20代の第二新卒を狙いたい人もいるはず。そんなときに避けるべき企業の特徴は?

「第二新卒なのに何十人も採用していたり、未経験者にもかかわらず潜在能力重視のポテンシャル採用で内定を出している会社は、新卒で学生に選んでもらえず人手不足だったり、ブラックな職場環境で退職者が多すぎるなどの問題を抱えています」