「目的地に到着する」を英語一言で説明できる? | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「目的地に到着する」を英語一言で説明できる?

コラム

 簡単な単語を使った表現こそ、こなれた表現で学習者には難しいということがあります。その1つがMake it。

楽しむ英会話

 翻訳すると「やった!」という意味でI did it!とかI made it!という表現を学んだ人がいるかもしれません。その時のMake itと似た意味ですが、他にもいろいろなシーンで使うことができます。

「目的地に到着する」という意味でも

【第24回】Make it

 1つ目は「目的地に到着する」という意味。「家に着いたよ」とメールをする時には、I made it home.です。

 海外旅行の目的地に到着したことを伝える時にも、I made it to San Francisco.です。目的地が明確な場合には、I made it.とだけ書いてもいいですね。

 例えば大雪の日に出張で、ホテルに到着したことを家族に知らせて安心させるときなどには、I made it.とだけLINEやメールでメッセージを送ればOKです。また、メールなどの短いメッセージであれば、Made it.とだけしか書かないこともあります。日本語でも「到着しました」と文章にせず、「到着」とだけ書いたりするのと同じです。

「もう着いた?」と質問したい場合には、Have you made it, yet?とすれば疑問文。前述の例と同じように、Made it?とだけ書くこともあります。携帯電話などでのメッセージで略すことが多いのは、日本語も英語も同じです。

文法的には過去形にするのもアリ

運転・女性

※画像はイメージです(以下同じ)

 また、文法的にはI made it.のように過去形にしてもいいですし、I’ve made it.と現在完了形にしてもOK。細かいニュアンスの違いはありますが、大きな意味は同じです。

 ちなみに、子供をつれて長距離移動の旅行をするのが大変なのは、どこの国でも同じ。特に自動車移動で高速道路の混雑にあったしまった時や、長時間にわたる飛行機移動などは大変です。

 そんな時、英語圏の子供たちはAre we there, yet?と口にします。「まだ到着しないの?」という意味。退屈したどの子供も口にする定型表現です。

12

ハッシュタグ

おすすめ記事