bizSPA!フレッシュ

「契約書のドラフト」って何?――いまさら聞けない、ビジネスシーンの「カタカナ語」

コラム

A.下書き、草案

「draft」とは、辞書を引くと……

1.描くこと、スケッチ、下図、設計図
2.草稿、下書き、草案

 とあります(一部抜粋)。ビジネスのシーンではどのように使われるのでしょうか?

 ドラフトとは、清書する前の下書きや草案のことを指します。ビジネス用語としては、例えば「契約書のドラフト」などといった使われ方をし、これは下書き段階の契約書のことを指します。

 他にも「ドラフトから大きく外れないよう仕様書を仕上げる」といった使い方もできます。

 野球用語の「ドラフト会議」などでも使われる「ドラフト」ですが、ビジネスシーンではまったく違う意味で使われているんですね。きちんと理解しておきましょう。

<TEXT/bizSPA!取材班 モデル/倉田夏希(SPA!DOL)>

参考:「コトバンク

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

12

おすすめ記事